忍者ブログ
主にJリーグについて語るBlogです。
[260] [259] [258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250]
以下すべて、年間勝ち点での予想です。
(昨シーズンの順位が上のチームを上に記してあります。)

・上位進出期待チーム
サンフレッチェ広島
浦和レッズ
ガンバ大阪
鹿島アントラーズ

石原、高萩が抜けて不安視された昨シーズンの広島だが、的確な補強もあって見事優勝。安定感は今年も変わらないだろう。浅野、野津田をはじめとした若手の押し上げにも期待。
浦和は、今季は地味ながらも守備陣に遠藤、イリッチを補強。上位を争うことは確定的だろう。但し、今季も優勝はできないのではないかな?
初戦勝利でスタートしたACLで勝ち進むようなことがあれば、意外と5位あたりで終えることも起こり得そうだ。
ガンバは昨シーズンまでですら多彩なアタッカー陣を誇っていたが、アデミウソン、藤本の補強でますますパワーアップ。但し、ガンバはACLやナビスコ杯も頑張りそうで、両立には流石に苦しみそう。基本的には「強い」だろうけど。
鹿島は、石井監督になって以降の昨シーズン後半の勢いを持続しそう。金崎の残留が大きく、相変わらず魅力的な若手ひしめくメンバー構成は楽しみ。鈴木優磨が相当ブレイクするのでは、と期待。ACLがないのも、スタートダッシュに向けて利点だろう。
優勝は、広島、もしくは鹿島と見る。

・上位~中位予想チーム
FC東京
川崎フロンターレ
横浜F・マリノス

巷での評価が高いFC東京だが、フィッカデンティ前監督を解任したことにより、好不調の波が大きく結局中位止まりな、元々のFC東京に戻りそう。選手の質で言ったら、昔からずっと高レベルで、今季の選手構成を見て、「今年は行けそうだな!」とはならない。
安定感のある横浜は、アデミウソンが抜けた穴が大きいなどと言われているけど、富樫、仲川等若手が台頭すると見ている。横浜が低迷したのは1、2シーズンのみだしね。
川崎は、勿論魅力的なチームなのは間違いなく、上位進出予想も多くされている。しかし、やはり攻撃力のあるチームと対峙した際のディフェンス面に心配が残る。現役韓国代表GKを獲得したようだが、GKだけで何とかなる問題でもないだろう。
今季は、森本、大塚の「復活」に期待している。

・中位~下位予想チーム
柏レイソル
サガン鳥栖
アルビレックス新潟
ジュビロ磐田

柏は選手がかなり入れ替わり読みづらい部分もあり、新監督の手腕も未知数。伊東純也をいきなりSB起用するあたりは、吉と出るか凶と出るか・・・ 但し、戦力的に見れば降格等はなさそう。
鳥栖は、藤田や水沼の離脱は勿論懸念材料なものの、守備をしっかりと整えてくるフィッカデンティ新監督の下、降格はなさそう。攻撃面では豊田、鎌田、キム・ミヌあたりにかかる負担が大きくなることが予想され、長期離脱等あると怖い。
昇格組の中では一番躍進しうるのは磐田だろう。アダイウトン、ジェイが、J1でどこまで暴れられるか楽しみ。1年燻ったからこそ、闘争心溢れるチームになっているのではないだろうか。
さて新潟だが、上位躍進も、遂に降格も、どちらも可能性のあるシーズンになりそう。10位前後というのが妥当な線だろうか。

・残念ながら下位予想チーム
湘南ベルマーレ
ヴィッセル神戸
ベガルタ仙台
大宮アルディージャ

湘南はやはり、遠藤、永木、秋元の移籍は大きい。確固たるスタイルこそあるものの、昨シーズン以下でのフィニッシュは免れられないだろう。
神戸も定位置の12位前後フィニッシュだろう。チョン・ウヨン、森岡が抜けたのは大きいし、小川やレアンドロがフルシーズン稼働できなければ、かなり厳しい結果も待っているだろう。GKだけ、やたら豪華だけどね。
仙台は目立った補強もなく、ウイルソンやリャン・ヨンギの高齢化もあって、厳しいシーズンになりそうだ。中位以上に躍進するには、若手の台頭が不可欠。
「残留力」の大宮は、今年も絶妙なラインコントロールを見せてくれそうだ。特に攻撃陣だけ見れば、豪華な陣容なのは間違いないけども。

・すみません、降格予想チーム
名古屋グランパス
ヴァンフォーレ甲府
アビスパ福岡

今年初導入の「降格予想チーム」。下位低迷するんじゃ?といったチームが多過ぎて、こんな結果となってしまいました。
ちょっとしたことで、多くのチームが降格の可能性を孕みそうな今シーズンなだけに、この3チームのサポの皆さんも、気を落とさないで頂ければと思います。

さて、福岡。確かに、「史上最強の」3番手昇格チームだし、攻撃面も守備面も、大きな穴はなさそうだけども、やはりどのポジションを見ても、戦力的に厳しそう。昨シーズンも特に昇格候補と目されていたわけではないし、躍進の可能性も勿論ありそうだけど、現実的には良くても16位くらいでは?ダントツ最下位ということは、断じてないだろう。
甲府は、伊東、バレー、阿部拓馬の抜けた攻撃陣が厳しい。速さの伊東、上手さの阿部、キープと決定力のバレーと、見事な棲み分けだっただけに。どれだけ守備が頑張れるか、だが、現実的は厳しいか。外国籍選手は、クリスティアーノ以外はまた早期入れ替えだろうな。
で、名古屋。別に新米監督だって、成功している監督も沢山いるから、小倉を監督にしたからといって低迷するとは思っていない。しかし闘莉王、牟田、本多が相次いで抜けた守備ラインがやはり不安。オーマン、シモビッチの新外国人次第なところもあるが、現状下位予想かと。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
プロフィール
HN:
鳥フィート↓
年齢:
30
HP:
性別:
男性
誕生日:
1986/12/26
自己紹介:
Jリーグの楽しさを共有しましょう!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析