忍者ブログ
主にJリーグについて語るBlogです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
GK
中村航輔(柏)
櫛引政敏(鹿島)
ここは確定的。
J1でもレギュラーポジションを掴んでいる中村と、今季は出番に恵まれていないものの、ずっとこのチームで正GKを担ってきた櫛引となるだろう。

DF
室谷成(FC東京)
塩谷司(広島:OA)
植田直通(鹿島)
藤春廣輝(G大阪:OA)
松原健(新潟)
中谷進之介(柏)
CBは、岩波拓也(神戸)、奈良竜樹(川崎)と、順当にいけば選ばれているはずの選手が負傷でいない中、OAの塩谷と、このチームでもずっと選ばれており、鹿島でもレギュラーに定着した植田は当確。
問題は3枠めだが、1stステージでJ1のレギュラーに定着した中谷が、逆転選出か。三浦弦太(清水)も可能性を残すほか、岩波の復帰に賭ける可能性もあるだろう。

SBは、オーバーエイジの藤春は確定的。
残りの枠を、室谷、松原、亀川諒史(福岡)、山中亮輔(柏)が争う展開。大学時代から選ばれてきた信頼度を考慮して、「両サイドこなせる枠」として室谷が1人目になりそう。
左SB専門の藤春がオーバーエイジとなることを考えれば、同じく左SB専門の山中は厳しいか。
松原と亀川は非常に僅差の差だが、亀川は福岡では左SBで起用されることが多く、右SB専門の松原が滑り込むと予想。
幾度か代表に呼ばれたファン・ウェルメスケルケン・際(ドルトレヒト)も忘れてはならないだろうが、室谷、松原が負傷から復帰した今、選外だろう。

MF
遠藤航(浦和)
大島僚太(川崎)
矢島慎也(岡山)
中島翔哉(FC東京)
南野拓実(ザルツブルク)
橋本拳人(FC東京)
鎌田大地(鳥栖)
ボランチは、キャプテン遠藤と司令塔大島は確定的。3人目には、最近上り調子で、SBやSHもこなせるユーティリティー性を考慮して、橋本と予想した。
井手口陽介(G大阪)は評価が高く、次点候補か。
ほか、喜田拓也(横浜FM)、小泉慶(新潟)、秋野央樹(柏)といった、リーグ戦で一定の出場機会を得ている選手もおり、”可能性”は残すだろう。
喜田の”ガツガツ感”は、国際舞台で生きてくる気がするし、小泉、秋野も「ユーティリティー枠」で可能性を見出したい。
忘れてはならない原川力(川崎)だが、川崎では満足な出場機会を得られず、最終的には選外か。チームを長く支えてきた功績は間違いなく、やはり可能性は残すだろう。

攻撃的MFは、長らくチームの中心として活躍してきた中島、矢島と、”海外組”の南野は確定だろう。
中島は、FC東京では満足な出場機会を得られていないが、大島、遠藤と並んでこのチームの中心なので、まず間違いない。
問題は、もう1人選ばれるかどうか。ここでは、リーグでの活躍ぶりと、他の選手にない部分を持っている部分が評価されて、鎌田が滑り込むと予想した。
野津田岳人(新潟)、伊東純也(柏)、関根貴大(浦和)も、それぞれ確固とした”武器”を持っており、十二分に可能性があるだろう。
チームで長らく活躍してきた豊川雄太(岡山)も、勿論可能性は残す。

FW
興梠慎三(浦和:OA)
久保裕也(ヤングボーイズ)
浅野拓磨(広島)
ここは、この3人で確定と見てよいだろう。3選手とも、裏に抜け出すことも出来、前線で基点になることも出来、決定力も兼ね備える。申し分ないだろう。
鈴木武蔵(新潟)が次点候補か。
金森健志(福岡)も可能性を残すほか、ブレイクしかけた富樫敬真(横浜FM)も、滑り込みを狙う。
オナイウ阿道(千葉)は、流石に選ばないでしょう。

明日の正式発表、楽しみー!新潟からも、絶対選ばれて欲しい!

   藤春     南野

   植田  遠藤

中村/櫛引      中島/鎌田  興梠/久保

   塩谷  大島

   室谷/松原   矢島

↓《選外予想した選手たちでイレブン組んでみた》

   山中      金森/鈴木

   岩波  喜田/秋野

牲川:鳥栖      野津田  富樫

   奈良  小泉/小林:柏

   亀川      関根/伊東
PR
「ベスト」な人選はありません。戦術、選手の組み合わせ、その時のコンディション、代表で活躍できるか否か。考慮すべき点は色々ありますからね。
また、あくまで私感ですので、そう思って見て頂ければと思います。

GK
櫛引 政敏(清水)
中村 航輔(福岡)
このままいけば、本大会もこの2人で妥当だろう。
櫛引は、今季途中から出番を失ったとは言え、J1で出場を重ねている数少ない選手。来季はJ2、西部の獲得等もあり、ポジション争いは厳しくなるが、新監督の下でどうなるか。
中村は、福岡でJ1昇格に大きく貢献。柏にレンタルバックした場合は出場機会を失う恐れもあり、もう1年レンタル延長が中村のためにも、福岡のためにもなるはずだ。

DF
・CB
岩波 拓也(神戸)
植田 直通(鹿島)
西野 貴治(G大阪)
神戸でレギュラーの岩波、鹿島で出場機会を得ている植田は確定。
現時点でのもう1人は、FC東京へ移籍した時点で「?」と思ったが、リーグ戦出場0、ベンチ入りすらままならなかった奈良竜樹(FC東京)よりも、ナビ杯決勝や、CSで出場機会を得ている西野かな。
この1枠は、来季の状況によって十分に変わり得る。ほか、中谷進之介(柏)あたりにも「可能性」はある。

・SB
川口 尚紀(新潟)
伊東 幸敏(鹿島)
山中 亮輔(柏)
大学生で五輪代表世代に選出というと、廣井友信(現金沢)、本田拓也(現清水)、山村和也(現鹿島)、比嘉祐介(現横浜FM)のように。結局本大会では選出されなかった選手や、(現時点で)大成しなかった選手が多く、あまり印象がよくない。
大学生で1人だけ選出するほど、室屋成(FC東京)が良い選手とは思わない。
J2で出場を重ねている亀川諒史(福岡)、安在和樹(東京V)と、J1でレギュラーではないものの試合経験を積んでいる川口、伊東、山中との比較になるが、私的にはやはりJ1チームから選びたい。特に山中と亀川のところは、僅差とは思うが・・・
松原健(新潟)は、今年1年間ほぼリハビリに費やした。来季再スタートだろうが、評価が高いようである。来季の出来具合次第では、十分「可能性」はある。

MF
・ボランチ
遠藤 航(湘南)
大島 僚太(川崎)
喜田 拓也(横浜FM)
ここが一番の謎。遠藤、大島は当確。
で、何故あとの2名が原川力(京都)、井手口陽介(G大阪)なのか。
喜田をはじめ、小泉慶(新潟)、秋野央樹(柏)、小林祐介(柏)、橋本拳人(FC東京)と、J1で出場機会を増やしている選手が沢山いるのに。
「ボランチ3枠め」は、上記5名のうち、来季の活躍ぶりを見て選出してほしい。川辺駿(磐田)も、来季の活躍如何では、選出候補としてもよいだろう。丸岡満(ドルトムント)は、未知数だが一度見てみたい選手だ。

・オフェンシブハーフ
関根 貴大(浦和)
南野 拓実(ザルツブルク)
鎌田 大地(鳥栖)
野津田 岳人(広島)
負傷で現在は出られる状態ではない野津田も、オリンピック本大会には間にあうだろう。
ほかの3選手も、順当では?
毎回納得できないのは、浦和で試合に絡めずにレンタルに出されている矢島慎也(岡山)が不動のレギュラーで、浦和でバリバリスタメンの関根が当落線上な事。
で、中島翔哉(FC東京)も現状では「なし」でしょう。奈良同様、FC東京移籍は「?」だったし、現に満足に出場機会を得られていない。
他に今後の可能性を感じさせるのは、前田直輝(松本山雅)、白崎凌兵(清水)、中野嘉大(川崎)だろう。

FW
久保 裕也(ヤングボーイズ)
浅野 拓磨(広島)
伊東 純也(甲府)
久保と浅野は当確。
あと1枠は、オナイウ阿道(千葉)?荒野拓馬(札幌)?ないでしょ。
鈴木武蔵(水戸)も、現状では厳しい。今季J2組で一番「可能性」があるとすれば、せいぜい金森健志(福岡)くらいのもの。
それよりも、J1で実績を積んだ伊東、もしくは現在負傷中の小屋松知哉(名古屋)の方が妥当。

ここに更にオーバーエイジも考えるとすれば、五輪本大会出場というのは狭き門ですね。
まずは本大会出場を!
来季大卒組も含めて、驚くような新戦力台頭にも期待しています。

   山中(亀川)   南野

   植田   遠藤
中村          野津田  久保
   岩波   大島

   川口(松原)   関根

SUB 櫛引 伊東幸 西野 喜田(丸岡) 鎌田 浅野 伊東純(小屋松)

GK
林彰洋(鳥栖)
代表3選手は順当に選出された。となると、直近の代表合宿に呼ばれた林か東口順昭(G大阪)の2人のいずれかだろう。この2選手の序列はなんとも言えないところだが・・・

CB
栗原勇蔵(横浜FM)
代表4選手は順当選出。
ザック戦術を知る栗原と、今が旬の塩谷司(広島)の争いだろうか。そうなると前者が優位。
「まさか」の事態に備える予備登録メンバーに、新戦力は考えづらい。

SB
駒野友一(磐田)
代表4選手は順当選出。
序列的にも5番手だったし、両SBがこなせて経験も豊富な駒野で間違いないだろう。

ボランチ
細貝萌(ヘルタ・ベルリン)
青山敏弘(広島)が選ばれ、細貝が落選する格好となった。北京五輪の時とは、見事に立場逆転。
流石に予備登録メンバーには細貝か。高橋秀人(FC東京)も、僅かに可能性を残すしそう。

CF
前田遼一(磐田)
豊田陽平(鳥栖)が選外、大久保嘉人(川崎)がサプライズ選出となった。
ザックJAPANでの実績があり、”万能型”の前田が予備登録かな。
豊田、ハーフナー・マイク(フィテッセ)といった「高さ」と「強さ」を武器にするタイプは、今の代表では不向きだし。豊田はスピードもあるんだけれどね。

OMF
中村憲剛(川崎)
工藤壮人(柏)
私の予想からは中村が外れ、齋藤学(横浜FM)が選出される形になった。
予備登録メンバーとしては、本田の控えとなる「ゲームメーカータイプ」1人と、岡崎の控えとなる「セカンドストライカータイプ」1人の構成になると予想。
前者は中村で決定的だろう。
後者は、最近の代表選出実績から工藤を挙げてみた。原口元気(浦和)が対抗となるだろう。
乾貴士(フランクフルト)も、僅かな可能性はありそう。
南野拓実(C大阪)は絶対にない。マスコミの南野推しには辟易としてくる・・・
宇佐美貴史(G大阪)も同様。怪我がなかったとしても、今のザックJAPANに割って入ることは無理だろう。

基本”サプライズ”はないと思われるし、順当なメンバーとなるでしょう。

GK
川島永嗣(スタンダール・リエージュ)
西川周作(浦和)
権田修一(FC東京)
この3人で確定的。

DF
内田篤人(シャルケ)
今野泰幸(G大阪)
吉田麻也(サウサンプトン)
長友佑都(インテル・ミラノ)
酒井宏樹(ハノーファー)
伊野波雅彦(磐田)
森重真人(FC東京)
酒井高徳(シュツットガルト)

SBはこの4人で確定だろう。他に可能性があるとすれば駒野友一(磐田)か。経験値の高さや、両SBをこなせる利点を買われて、W酒井の片割れの代わりに選出される可能性はありそうだ。

CBは順当にいけば上記4名か。
今野は最近チームでははボランチ起用が続いているが、4年間ザックジャパンのCBの中心だったし、ここに来て外すことはないだろう。
吉田の控えとして森重。ユース年代ではボランチをやっていた点、セットプレーからの得点力など、似た点が多いと言えるだろう。思えば北京五輪でも本大会ではこの2人が選ばれていたことを思い出す。
今野の控えとして伊野波。SB、CB、ボランチをいずれもこなせるユーティリティー性から”滑り
込む”だろう。
栗原勇蔵(横浜FM)、水本裕貴(広島)あたりも「可能性」はありそうだが、現実的には厳しいか。売出し中の塩谷司(広島)の選出もないだろう。

ボランチ
長谷部誠(ニュルンベルク)
遠藤保仁(G大阪)
細貝萌(ヘルタ・ベルリン)
山口螢(C大阪)
長谷部、遠藤は確定。ほか、”守備型”1人と”攻撃型”1人を選出すると予想。
”守備型”は細貝で確定的か。細貝を控えとして選んだ場合、高橋秀人(FC東京)の選出はないだろう。
もう1枠自体、あるかどうか微妙であるが、あるとすれば山口か。青山敏弘(広島)も可能性を残しそうだ。柴崎岳(鹿島)は、次世代となるか。

CF
大迫勇也(ミュンヘン)
柿谷曜一郎(C大阪)
豊田陽平(鳥栖)
大迫、柿谷は当確。豊田は当落線上とは思うが、北京五輪でも当落線上から選出され、日本チーム唯一の得点を決めた「あの時」の再現に期待。
昨シーズン得点王の大久保嘉人(川崎)をいきなり選出することはないだろう。
”サプライズ”があるとすれば李忠成(浦和)。ハーフナー・マイク(フィテッセ)、前田遼一(磐田)も可能性は残していそうだが、果たして・・・

OMF
岡崎慎司(マインツ)
本田圭佑(ACミラン)
香川真司(マンチェスター・ユナイテッド)
清武弘嗣(ニュルンベルク)
中村憲剛(川崎)

清武まではの4人は確定枠。+何人選ばれるかは微妙なところだろう。
乾貴士(フランクフルト)、齋藤学(横浜FM)、大津祐樹(VVVフェンロ)、原口元気(浦和)、工藤壮人(柏)あたりもいるが、本大会選出メンバーとまでは至らなさそう。
石原直樹(広島)など”サプライズ”が期待されているメンバーも若干名いるが、ザッケローニは選ばないだろう。
そこで推すのは中村憲剛。ベテランが与える安定感は、チームを良い方向にもたらしそうだ。

結構当たるんじゃないかな?と思っています。ドキドキの発表までもう少しですね!
どんなメンバーになるか楽しみ!!

FIFAランク・前回大会成績・予選成績(アフリカ勢除く。)
1位予想:◎、2位予想:○、対抗予想:△

グループA
◎ブラジル 10位・ベスト8・開催国
△クロアチア 16位・不出場・ヨーロッパA2位
○メキシコ 20位・ベスト16・北中米4位
カメルーン 51位・Gリーグ
ブラジルは当確。2位をクロアチアとメキシコが争うだろう。

グループB
◎スペイン 1位・1位・ヨーロッパI1位
○オランダ 9位・2位・ヨーロッパD1位
△チリ 15位・ベスト16・南米3位
オーストラリア 59位・Gリーグ・アジアB2位
スペインとオランダで確定的か。チリも手強いが・・・

グループC
◎コロンビア 4位・不出場・南米2位
ギリシャ 12位・Gリーグ・ヨーロッパG2位
△コートジボワール 17位・Gリーグ
○日本 48位・ベスト16・アジアB1位
ヨーロッパ予選には強いギリシャだが、短期決戦となるグループリーグは厳しそう。
コートジボワールと日本の2位争い。

グループD
△ウルグアイ 6位・4位・南米5位
コスタリカ 31位・不出場・北中米2位
○イングランド 13位・ベスト16・ヨーロッパH1位
◎イタリア 7位・Gリーグ・ヨーロッパB1位
三つ巴の争い、全く予想がつかないが、イタリア、イングランドが勝負強さを発揮すると見た。

グループE
○スイス 8位・Gリーグ・ヨーロッパE1位
△エクアドル 23位・不出場・南米4位
◎フランス 19位・Gリーグ・ヨーロッパI2位
ホンジュラス 41位・Gリーグ・北中米3位
フランス、スイスで確定的。

グループF
◎アルゼンチン 3位・ベスト8・南米1位
○ボスニア・ヘルツェゴビナ 21位・不出場・ヨーロッパG1位
イラン 45位・不出場・アジアA1位
△ナイジェリア 36位・Gリーグ
イラン突破のイメージはわかない。ボスニアとナイジェリアの2位争い、アルゼンチンの1位通過は堅いか。

グループG
◎ドイツ 2位・3位・ヨーロッパC1位
△ポルトガル 5位・ベスト16・ヨーロッパF2位
ガーナ 24位・ベスト8
○アメリカ 14位・ベスト16・北中米1位
一番予想の難しい組で、前回大会は4チームとも決勝トーナメントに出場している。
ドイツの1位通過は問題なさそう。ポルトガルとアメリカ。大勢はポルトガル有利と見るだろうが、敢えてアメリカ2位と予想してみた。

グループH
◎ベルギー 11位・不出場・ヨーロッパA1位
アルジェリア 26位・Gリーグ
○ロシア 22位・不出場・ヨーロッパF1位
△韓国 54位・ベスト16・アジアA2位
順当にいけばベルギー、ロシアだろうが、強くは推せない。韓国にも可能性は十分にありそう。

私の予想で行くと、決勝トーナメント1回戦は、
ブラジル-オランダ、メキシコ-スペイン
コロンビア-イングランド、日本-イタリア
フランス-ボスニア・ヘルツェゴビナ、スイス-アルゼンチン
ドイツ-ロシア、アメリカ-ベルギー
もし実現すれば、日本はザックの母国イタリアと対戦。願ってもないシチュエーション!

まだまだワールドカップは先ですが、今から楽しみに待ちます。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 9 10
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/26 ThomasFlext]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
プロフィール
HN:
鳥フィート↓
年齢:
31
HP:
性別:
男性
誕生日:
1986/12/26
自己紹介:
Jリーグの楽しさを共有しましょう!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析