忍者ブログ
主にJリーグについて語るBlogです。
[276] [275] [274] [273] [272] [271]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ほぼ負けに等しい試合でした。

①後手後手の采配・・・
相手の2枚替え、フォーメーション変更、特にセルジーニョの投入により、明らかに押し込まれるシーンが目立ち、同点ゴールを奪われるのは時間の問題でした。
そんな中でアルビは、原輝綺を投入したとは言え、2枚目の交代は案の定追いつかれてから。
似たような光景、例えば去年なんかも何度も見てきました。
前線からのチェイス要因で田中達也、前線でのキープ+前への圧力を高める上でターレス、もしくは原をセルジーニョへのマンツーマン要因で投入し、中盤を5人にするなど、先に動いてほしかったです。
結果論ではありません。相手の2枚替えから、同点に追いつかれるまでの間、ずっとそう思っていました。

②攻撃力なさすぎ。どうやって点を取るの?
安田の突破からのクロス、魅力的でしたが数は少なく。矢野の高さ、魅力的ですが、複数得点は望めません。河田はポストプレー、抜け出し、仕掛け、シュート、孤軍奮闘すぎてゴールにつながらず。
前半はシュートわずか2本、全体でも、枠内シュートは2本止まりで、事実得点シーン以外はチャンスらしいチャンスはありませんでした。
ミドルシュートもほぼなければ、サイドバックが上がる場面も少なければ、効果的なカウンターもなし。
監督が、チームが、どんなオフェンス戦術を採ろうとしているのかすら、見えてきませんでした。
どんなに守備が堅いチームでも、1失点はあり得ますよ。それを凌ぐ攻撃力がないと、勝ち切ることはできません。攻撃は最大の防御です。
で、戦術理解度や守備面での貢献度、コンディションの問題などもあるんでしょうが、やはり前線には外国人パワーがないとダメですよ。今日のJ2の得点、全て外国人選手によるものです。外国人選手だけに頼るべきとは言いませんが、やはり今の前4人では怖さに欠けます。

③というわけで、次節のスタメン希望
GK アレックス・ムラーリャ
問題なし。
DF 川口尚紀 富澤清太郎 ソン・ジュフン 安田理大
特に変更の必要はないでしょう。
MF 磯村亮太 加藤大 高木善朗 ブルーノ・メネゲウ
よく言われていますが、ボランチは昨シーズンのコンビを崩すほど坂井大将のプレーが上回っているとも思いません。
攻撃力の高いブルーノ・メネゲウと、今日もアシストがあったほか、ミドルシュートへの意識も高い高木も継続スタメンでいいでしょう。
FW 河田篤秀 ターレス
ターレスを使え。

ベンチ 大谷幸輝 堀米悠斗 原輝綺 端山豪 伊藤優汰 小川佳純 矢野貴章
スピードのある伊藤は入れるべき。途中出場で必ず脅威になる。FWがやはり薄い。選手補強すべきポジション。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
プロフィール
HN:
鳥フィート↓
年齢:
31
HP:
性別:
男性
誕生日:
1986/12/26
自己紹介:
Jリーグの楽しさを共有しましょう!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析