忍者ブログ
主にJリーグについて語るBlogです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
ボランチ
新加入のゴンサロ・ゴンザレス(←CAフベントゥ)がボランチの軸となるか。ボール奪取力と展開力を兼ね備えているということで、ハマればチームの中心選手としての活躍が期待できそうだ。守備に強いタイプのボランチが他にあまりおらず、その点においても重宝しそうだ。

パートナーの座を争うのは、ロメロ・フランク(←町田)、島田譲(←長崎)、秋山裕紀となるか。
前線への飛び出しと得点力が武器のロメロ・フランクは、日本国籍を取得してチームに復帰した形だ。守備に強いゴンサロ・ゴンザレスがいれば、心おきなく前線に絡み、攻撃に厚みを加えてくれるだろう。
左足のキックの精度が高いといわれている島田にはセットプレーのキッカーとしても期待をしている。秋山は試練の年となるが、まだ高卒2年目で、長い目で見て育ってくれたらよいだろう。勿論、出場機会も訪れるはずだ。

カウエは外国人枠の関係で、もしかすると厳しいシーズンになるかもしれない。但しフィットしない新外国人選手がいた場合など、ある程度の計算ができるカウエがいるのは心強い。
高木善朗のボランチ起用の可能性も勿論あり得る。但し昨シーズンよりボランチのポジション争いが熾烈になり、1つ前にポジションを上げるのではないか。
加藤大(→長崎)はレンタル移籍となった。年齢的にも、チーム復帰の可能性は高くはなさそうだが、古参選手だし、活躍をして戻ってきてくれたら嬉しい。

オフェンシブハーフ
渡邉新太シルビーニョ本間至恩の昨シーズンレギュラー組が、まずはレギュラー候補となるだろう。
契約更新1番乗り、そしてキャプテンとなったシルビーニョは、攻撃をつかさどる中心としてトップ下に入るだろう。昨シーズンはヘディングゴール2点、キックでのゴール1点だったが、今年はキックでもバンバン決めてほしい。
至恩と新太は、地元出身の期待のアタッカー2人となる。至恩のドリブルからのチャンスメーク&ゴール、新太の得点力&周りを使うプレーは、今年も継続してチームの攻撃の中心になりそうだ。

サイドは田中達也ペドロ・マンジー森俊介大本祐槻、トップ下は高木善朗ロメロ・フランクが控えとなるか。秘めたポテンシャルと明るい性格の森、今年は勝負の年になるだろう。

スタメン
本間至恩 ゴンサロ・ゴンザレス シルビーニョ ロメロ・フランク 渡邉新太
ベンチ 島田譲 高木善朗 大本祐槻

まとめると
  堀米       本間

  マウロ  ゴンザレス
大谷         シルビーニョ  ファビオ
  舞行龍  ロメロ

  早川       渡邉新

SUB
阿部 岡本/新井 大本/田上 島田/秋山 高木 田中/森 矢村
PR
基本的には4-5-1か4-3-3と見ているので、センターFWタイプを最前線に置くのではないか。

そうなると、やはりファビオ(←オエスチFC)に懸かる期待が大きくなるだろう。高さ、スピード、得点力を全て兼ね備えているということで、チームにフィットさえすれば大爆発してくれるはずだ。

更にはペドロ・マンジー(←チェンナイシティFC)もインドリーグとはいえ高い得点力を発揮してきたようで、タイプ的にはレオナルド(→浦和)と似たタイプか。

得点力は結局、外国人頼みになりそう。万が一”ハズレ”だった場合は得点力不足に陥りそうだが、まずはファビオ、マンジーに期待したい。

ほかに1トップタイプはいないが、FWをこなせる選手としては矢村健(←新潟医療福祉大学)、田中達也渡邉新太か。随所に”光る”プレーを見せてくれる達也、そしてようやく正式契約で本領発揮といきたい矢村、当面は途中から流れを変える役割となるか。

スタメン 
ファビオ
ベンチ ペドロ・マンジー 矢村健

CB
更新発表のなかった舞行龍ジェームズだが、恐らく問題なく残留だろう。間違いなくCBの軸として、フルシーズン稼働してくれるはずだ。
※近年は更新発表のない選手はいないので、正直ずっと不安なオフシーズンだった。しっかり発表してほしい。

大武峻(→磐田)の移籍は残念だったものの、今シーズンは岡本將成の大いなる飛躍に期待したい。久々のユース出身CBとして、また背番号4を背負った今年、レギュラーの座を掴んでほしいところだ。

ほか、田上大地(←柏)、柳育崇早川史哉新井直人が控えとなるか。但し早川、新井はやはり何だかんだで上背の面で不安があるので、長崎ではレギュラーをはっていた田上に期待だろう。

右SB
昨シーズンスタメンを争った早川史哉新井直人と、新加入の大本祐槻(←長崎)の争いとなる。
攻撃面に特徴のありそうな大本と、攻守のバランスのいい早川、新井となるが、左SBに堀米悠斗が入るようであれば、早川、新井が若干優勢かも知れない。
対戦相手によって柔軟にかえていってもよいだろう。

長谷川巧(→金沢)は今年もレンタル延長となった。まずは負傷を治し、大いに活躍しての来季以降の帰還に期待したい。(柳下監督が退任すれば、復帰の可能性も高まりそうな気が・・・)

左SB
昨年のレギュラー堀米悠斗が残留を果たしてくれて、非常に嬉しいところだ。オーバーラップからのチャンスメークだけでなく、内に入ってきての攻撃面への関与など、チームの攻撃の中心である。それとともに、時にしっかりしたコメントを聞かせてくれるなど、チーム全体を引っ張る存在としても欠かせない存在だ。

当面は控えとなりそうな渡邊泰基も、地元出身の本職左SBとして勿論期待している。緊急時には早川史哉も、このポジションを務めることができるだろう。

スタメン
堀米悠斗 岡本將成 舞行龍ジェームズ 早川史哉
ベンチ 新井直人


大谷幸輝が残留し、正GK候補の筆頭と言えるだろう。1つ1つのプレーの安定感向上と、攻撃に繋がるフィード面での活躍を期待したい。

阿部航斗(←筑波大学)と、小島亨介(←大分)の若年代代表コンビの加入は、間違いなくGK陣の底上げにつながるだろう。早い段階での正GKの座奪還も、十分に考えられると見ている。
地元出身の阿部と、レンタルながら五輪も視野に入る小島、大いに期待だ。
※レンタル加入選手の活躍は、元のチームに帰ってしまうリスクはあるものの、水戸や群馬等のように「あのチームにレンタルすれば、選手を伸ばしてくれる」というイメージに繋がり、新たなレンタル選手を獲得しやすくなるメリットはあると思われる。

藤田和輝は、やはり長い目で見ていってよいだろう。

ボランチ
ボランチが入れ替わりの多いシーズンだったが、戸嶋祥郎(34試合出場1得点)が来シーズンの軸になるか。足元の技術と圧巻のスタミナは、チームに欠かせないものとなった。いい選手なのは間違いなく、オファーもあるかもしれないが、来シーズンはまだ、残留してくれると信じている。
攻守両面において、更なる貢献度アップに期待したい。

終盤は負傷離脱をしていたが、高木善朗(33試合出場2得点)の貢献度も見逃せない。チームの潤滑油的な存在として、また攻撃の起点として、存在感を示したシーズンとなった。やはりオファーがある可能性もあり、移籍してしまう可能性もなくはないか。

逆に終盤に出場機会を失ったカウエ(35試合出場3得点)だが、昨シーズンは救世主的存在となったのは間違いない。チーム戦術次第で輝ける選手だとは思うので残留してほしい。もし退団なら、ボランチに1枠外国籍選手がほしいところだ。

そして終盤にチャンスを掴んだ秋山裕紀(6試合出場)は、来季が真価の問われるシーズンとなるだろう。2年目に苦しむ新卒選手が多い中で、更なるレベルアップに期待したい。

小川佳純(5試合出場)は、「間違いない」選手なだけに、残念な退団となった。加藤大(16試合出場、福岡:15試合出場)は、地元のチームでレギュラーを確保し、レンタル延長または完全移籍だろうか。

本職ボランチはカウエと秋山のみであり、守備に強いタイプの選手をはじめ、1、2選手は補強が望ましい。戸嶋、高木、秋山、新加入選手、カウエ(または新外国人選手)といった陣容でどうだろうか。

オフェンシブハーフ
シーズン途中まではスーパーサブとして、終盤はレギュラーとして、積極的な仕掛けが見ていて気持ちいい本間至恩(28試合出場3得点)は、オフェンシブハーフの主軸として来季も期待したい。流石に移籍することはないだろう。

渡邉新太(37試合出場5得点)は、1トップ採用なら来季もサイドハーフ起用となるか。至恩とともに、攻撃的ポジションに地元選手が収まるのは非常に嬉しいところだ。

シルビーニョ(27試合出場4得点)は、間違いなく”巧い”選手で、オフェンス面で違いを生み出せる選手だ。意外とシュートが決まらないことと、時折緩慢なプレーが見られるのが残念なものの、基本的には来季もプレーをしてほしい選手である。

戸嶋、高木もこのポジションを兼任できるが、いずれにしてもこのポジションの選手の得点力がもう少し増えてほしいのは間違いなく、そういった意味では補強ポイントとなるだろう。
このポジションは選手数自体は多いので、在籍選手との兼ね合いがどうなるか、も非常に大きくなりそう。

渡邊凌磨(23試合出場4得点)は、シーズン序盤はオフェンス面でのキープレーヤーの1人となったものの、終盤は出場機会を得られず。監督交代もある中で、残留し巻き返しを狙うか、移籍を選ぶか、微妙なところだと思う。
フランシス(30試合出場8得点)は片渕監督末期に救世主のように現れ、独特の突破力と意外な得点力を見せたものの、やはり終盤に出場機会を減らした。残留が濃厚とは思うが、退団ならばドリブラータイプの外国籍選手が1人ほしいところだ。

チョ・ヨンチョル(5試合出場)は、あまり多くの出場機会を得られないまま、1年で退団となった。サポの期待も大きく、ヨンチョルもリップサービスも多少あるとはいえ、新潟を愛してくれた選手なだけに、こういった別れ方は何とも寂しい限りだ。
森俊介は存在感を見せられずに終わってしまった。勝負のもう1年となるか、新転地に活躍の場を求めるか、微妙なところだろう。

   堀米/渡邊泰    本間

   大武       新外国人 
大谷             高木/シルビーニョ  レオナルド/新外国人
   舞行龍      戸嶋        

   新加入          渡邉新

SUB 阿部 岡本 渡邊泰/新井 シルビーニョ/新加入MF フランシス/新外国人MF 矢村 新加入FW



忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新コメント
[07/26 ThomasFlext]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
プロフィール
HN:
鳥フィート↓
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1986/12/26
自己紹介:
Jリーグの楽しさを共有しましょう!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析