忍者ブログ
主にJリーグについて語るBlogです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
シュートストップから、速く正確なフィードまで、標準レベル以上の大谷幸輝が残留したことに加え、アレックス・ムラーリャ(←フラメンゴ)が加入。GK陣のレベルは、確実にアップしたと言えるだろう。

アレックス・ムラーリャは、湘南時代のイメージは、そこまでいいGKというものでもなかった。但し、母国復帰後ブラジル代表選出経験もあるなど、能力は高いのだろう。
合流の遅れや、コミュニケーションの問題などから、当面は大谷がスタメンを張ると見ているが、アレックス・ムラーリャがベンチに控えているのは心強い。

一方の大谷も、高いレベルの競争相手の加入により、ますますの成長に期待したいところだ。

ほか、若手の田口潤人(←藤枝)、今季唯一のレンタル復帰となった渡辺泰広(←JSC)も、まずはカップ戦などから出場機会を窺いたい。

渡辺はそろそろ勝負の年となるか。田口は若年代の代表にも選ばれていたほか、昨シーズンはJ3ながら出場経験を積み、将来有望だろう。長い目で見ていきたい選手だ。
PR
CB
主に主力を務めた、富澤清太郎ソン・ジュフンが残留。今シーズンも、主力としてしての活躍が期待される。
両選手とも、フィードの技術は素晴らしく、攻撃の第一歩としての役割を果たせる。富澤はラインコントロールを含めたベテランらしいリーダーシップ、ソン・ジュフンは高さ、フィジカル、粘りのディフェンスが魅力。

控えの座は、大武峻と、新加入の広瀬健太(←栃木)、柳育崇(←新潟S)、場合によっては原輝綺の4人が争う形か。
広瀬、柳はいずれも未知数な選手だが、秘めたポテンシャルは高そうで、レギュラー組を脅かす可能性もあるだろう。但し、当面は控えからのスタートと見ている。両選手ともセットプレーからの得点源としても期待。

大野和成(→湘南)の移籍は勿論残念だが、チョウ・キジェ体制の湘南でのサッカーに本人が魅力を感じているのだろうから、致し方ないだろう。(引退後も含めて)いずれ、新潟に戻ってきてほしい。

増田繁人(→岡山)の完全移籍も、ここまでレンタル移籍を繰り返して少しずつ成長してきた中だけに残念。足元の技術と”泥臭さ”が、今一歩足りなかったか。新転地での活躍を期待したい。

右SB
小泉慶(→柏)が移籍。正念場の川口尚紀、新加入の安田理大(←釜山)、FW登録になったとはいえ矢野貴章、2年目の飛躍を期する長谷川巧、それに原輝綺と、候補者は沢山いる。

左SBとの兼ね合いだが、安田が第一候補か。ガンバ離脱後はチームを転々とし、すっかり影が薄くなってしまったものの、元々持っている能力の高さは申し分ない。J2での舞台では、格の違いを見せてくれることを期待している。
新加入FWのターレス(←ヴァスコ・ダ・ガマ)が、クロスに合わせるのが得意そうな選手なだけに、サイドからのクロスの精度は一つのポイントになる。

矢野は前目のポジション、原はボランチが主戦場となりそうな中、攻撃面を積極的にアピールしてレギュラー定着を狙う川口と、2年前の天皇杯でも印象に残るプレーを見せてくれた長谷川の、ユース出身生え抜き組にも頑張ってほしいところだ。

左SB
嬉しい契約更新1人目となった堀米悠斗が、今シーズンもレギュラー候補筆頭だろう。昨シーズンは守備面での見せ場が多かったものの、今季は攻撃面での貢献度を高めていきたいところだろう。

右SBとの兼ね合いで、安田が左SBに回る可能性もあるほか、高校サッカー選手権日本一の実績を引っさげて加入の渡邊泰基(←前橋育英高)の台頭にも、大いに期待。意外と早い段階でのデビューもあるかもしれない。

スタメン
堀米悠斗 ソン・ジュフン 富澤清太郎 安田理大
ベンチ 川口尚紀 広瀬健太

レギュラー組は小泉→安田以外は盤石。長谷川、広瀬、柳、渡邊の若手組がどこまでレギュラー組を脅かせるか、注目です。

ボランチ
レオ・シルバ(鹿島)の移籍が大きく、かわりに獲得したジャン・パトリック(→ポンチプレッタ)がルヴァン杯の出場のみで帰国。軸が定まらないシーズンだった。

そんな中、途中加入の磯村亮太(15試合出場)が、何とか穴を埋めてくれた感じであった。守備面では時折淡泊な部分もあるものの、パスセンスと積極的にミドルシュートを狙っていく姿勢で、攻撃面での貢献度が高かった。J1チームからオファーがあるかもしれないが、残ってくれれば磯村をボランチの軸に据えて問題ないだろう。
パートナーは後半からは、加藤大(32試合出場1得点)で収まった。しかし今日のFKは見事だった。FKのキッカーや、2列目からの飛び出し、得点感覚など、良さを存分に発揮できる来季であってほしい。時間がかかったものの、ようやく主力としての活躍をしてくれたと見ている。流石に移籍はやめてほしい。

三浦体制ではまさかの、小泉慶(32試合出場2得点)、原輝綺(18試合出場1得点)というボランチコンビであった。2選手ともにボランチが最適ポジションであると感じるものの、この2人のコンビでは展開力をはじめとした、攻撃のスイッチを入れる役割が不足していた。
磯村と小泉、磯村と原であれば、小泉、原のボランチとしての良さも出せそうで、成熟させるのもアリである。
小泉はガツガツいく守備と前線への飛び出し、原は危機察知能力やカバーリングと、ボランチとして光るプレーも見せた今季だったが、来シーズンはどのポジションで起用されるだろうか。

ほか、ロメロ・フランク(11試合出場)は、外国籍枠を使ってまで残すほどの選手ではないだろうが、他選手の去就次第ではチーム残留でもよいだろう。本間勲(4試合出場)は引退となった。チーム最古参、これまで新潟を長く支えてくれた選手なのは間違いない。今後はまた違った形で、チームを支えてくれたら嬉しい。
レンタル中の小塚和季(山口:39試合出場8得点)は、是非呼び戻すべきだろう。J2では十分に活躍できることが分かったし、ボランチとしても、トップ下としても期待できるだろう。

というわけで、磯村、加藤、(小泉)、原、小塚といった面々でどうだろうか。守備に強いボランチがいれば、獲得したいところだが、概ね選手が残留であれば、そこまで補強すべきポジションではないか。

オフェンシブハーフ
小川佳純(9試合出場1得点)の獲得がとても大きかった。名古屋時代から、決定力はあまり高くないものの、ポジションどりの上手い選手だと思っていたが、流動的に動いてボールを受けたり、ゴール前に飛び込んで行ったりと、チームの攻撃面を活性化させた。レンタル中なので、去就は難しいところ。残留してくれたら嬉しい。

チアゴ・ガリャルド(23試合出場3得点)は、やはり三浦体制では不遇を味わった。(出場時にもターゲット役にされるなど、本来の良さが出ていなかった。)出場機会を増やしてからは、間違いなく新潟の中で最も技術が高く、スルーパスの精度なども秀逸なものを見せていた。
確かに、1人よがりなプレーもあり、日本人選手との連携はあまりよくなく、守備面での貢献度も低かったけれど、間違いなく「上手い」選手だっただけに、退団は残念である。
このポジションは、やはり新外国人選手がほしいところだ。

成岡翔(12試合出場)は、序盤ただの守備要員のような形での起用が続き、攻撃面での良さは見せられずじまいで、退団が決まった。新潟を愛してくれた選手なだけに残念で、今後の活躍を願っている。
端山豪(5試合出場)は、間違いなく上手い選手で、得点にもよく絡むことができるなど、大いに期待しているのだが、なかなか出場機会を得られず。来季J2の舞台で、”きっかけ”を掴んでほしい選手だ。森俊介(4試合出場)も、なかなか試合に絡めず苦しいシーズンだっただろうが、やはり来季J2の舞台で、”きっかけ”を掴んでほしい選手だ。

序盤は不遇のSB起用も、後半になってから攻撃的なポジションでチャンスを掴み、今日J1初ゴールを記録した酒井宣福(10試合出場1得点)は、来季に向けて望みをつないだ形か。そろそろ随時メンバー入りを狙いたいところだろう。
伊藤優汰(7試合出場)は長期離脱から復帰も、本領発揮ならず。伊藤出場時は守備面にかかる負担が大きく、諸刃の刃なものの、引いてくる相手も多いだろうJ2では貴重なコマになりそうだ。長い目で見て、新潟移籍が成功だったと思ってもらいたい、そんな選手である。
カップ戦でトップデビューを果たした2種登録の本間至恩も順調に育っていってほしいし、戸嶋祥郎(←筑波大)はユニバ代表、関東リーグMVPなど、実績も十分で、1年目からの活躍に大いに期待している。

というわけで、このポジションをこなせる選手は非常に多いものの、端山、森、酒井、戸嶋と、覚醒しそうな選手が多く、それぞれタイプも異なるため、入れ替えは最小限でよいだろう。小川が抜けてしまった場合も、戸嶋、酒井、端山、小塚でうめていけるのではないか。

     堀米     山崎
 
     ソン   加藤  
大谷        小川 河田
   富澤   磯村    

   小泉      ホニ
 
SUB 守田/新加入 矢野/川口 大野/原 小塚/伊藤 戸嶋/渡邉 MF新外国人 FW新外国人
※斜体は、移籍が不安な選手。

ラファエル・シルバ(浦和)の移籍もあり、得点源の定まらないシーズンだった。

三浦体制では、苦労して奪って前にただ蹴りだして、ホニ(30試合出場5得点)1人走らせ、すぐに奪われるといったクソサッカー極まりない形で、FWとしては活躍の術すらなかった。本当に無駄な三浦体制だった。

そのホニは、ウイング起用され本来の良さが出始め、突破からのクロス、逆サイドのクロスに合わせるなど、後半は1人のキーマンになった。
磐田戦、後半ラストプレーで同点弾を浴びた直後のホニの悔しがりっぷりは忘れない。来季も、新潟で頑張ってほしいと、切に願っている。

シーズン終盤、救世主のように現れたのは河田篤秀(9試合出場3得点)である。ボールを引き出す動き○、シュートに持ち込む積極性○、前線からのチェイシング○、自らドリブル突破する力○。待望の、万能型日本人ストライカーだ。来季J2の舞台で、大いに飛躍する可能性は高い。まだ流石に、移籍はないだろう。

ドウグラス・タンキ(10試合出場2得点)は、フィジカルの強さ等良さも見せたものの、助っ人外国人としては正直下手だった。新外国籍選手と入れ替えた方が無難だろう。

山崎亮平(29試合出場2得点)は、ボールを確実に前に運べる貴重な選手であったほか、豊富な運動量で守備面での貢献度も高かった。移籍か、残留か、結構カギを握る選手になる。

田中達也(11試合出場2得点)は、序盤のクソサッカーの中で得点を重ね、「今季の達也はイケるか!?」と思わせたものの、負傷等もあり失速。しかし、プレーのみならずサッカーに向かう姿勢も含めて欠かせない存在で、本人から移籍や引退の申し出がない限り絶対手放してはならない選手だろう。

途中加入の富山貴光(5試合出場)は、ポテンシャルは大いに感じさせたものの、出場時間は多くなく、真価は掴めずじまいであった。純粋なFWタイプとしては、河田とタンキ(もしくは新外国人)しかいないので、個人的には残留してほしい選手である。

最後に、来季新加入の渡邉新太(←流経大)である。ユース時代から得点力は注目されており、無事に新潟に戻って来てくれて本当によかった。J2の舞台で、一気に花開いてもおかしくないと思っている。

タンキに代わる外国人FWもほしいものの、新潟になかなか現れない和製エースも、J2の舞台だからこそ誕生する来季になってくれると期待している。河田か、富山か、渡邉か、はたまた・・・?  選手が概ね残留してくれるならば、補強は必須ではない。
 
なお、レンタル組の鈴木武蔵(17試合出場1得点、松本:9試合出場)、平松宗(2試合出場、長崎:12試合出場3得点)は、見限ってもよいかと。J2へおちたのを機に、最後の1年としてレンタルバックしてもよいだろうけど、J2でも得点を量産しているわけではないので、戦力としては厳しいのではないか。

シーズン終了前ですが、来季のJ2が確定したので早めの投稿を。

GK
大谷幸輝(21試合出場)が、「抜群の安定感」とまではいかないまでも、まずまずの出来を見せたシーズンとなった。致命的なミスもないことはなかったが、ビッグセーブも多く、攻撃へつなげる速いフィードも見せてくれた。来季も大谷が正GKでいいのではないだろうか。
守田達弥(10試合出場)は相変わらず凡ミスが散見された。控えGKとしては申し分ない実力なものの、本人が出場機会を求めるのならば、移籍も致し方ないところか。
相変わらず安定感のない川浪吾郎(1試合出場)と、その川浪よりも序列の低かった稲田康志は解雇となっても仕方ないだろう。
渡辺泰広(JSC:13試合出場)は、復帰させるなら今しかないだろう。試合数も増えるJ2の舞台、JSCとは言え試合経験も積み、年齢も25歳となった。
というわけで、大谷、守田、渡辺でどうだろうか。守田が移籍するようなら、燻っている若手GKを獲得してほしいところだ。生え抜きGKは阿部航斗(筑波大)待ちである。

右SB
本職SBの川口尚紀(7試合出場)、シーズン序盤は頼れる右SBだった矢野貴章(21試合出場1得点)を差し置いて、結局今季も小泉慶(31試合出場2得点)が右SBに落ち着く形となった。
川口は攻撃センスは光るものを見せるものの、定着しきれず。来季はJ2で勝負の年となるだろう。小泉はJ1チームからオファーがくるだろう。攻守ともにまだまだ発展途上なものの、その分伸びしろも大きい。残ってくれるとありがたいが、果たしてどうなるだろうか。
矢野は高さと粘り強い守備で、右SBとして及第点の出来。但し、これまでもJ1チームに在籍してきた経歴があり、3度目の加入、在籍1年とは言え、移籍の可能性もあるか。小泉残留なら、移籍してしまっても大きな痛手ではないが・・・
長谷川巧はリーグデビューならず。J2での飛躍に期待。
というわけで、小泉、矢野の去就が大きくカギを握りそう。いずれにしても、補強優先ポジションではないか。

左SB
三浦体制では不遇を味わっていたものの、堀米悠斗(22試合出場)が不動のレギュラーに。守備面での不安点は若干あるものの、その攻撃面での貢献度は、開幕時スタメン外だったのが甚だ疑問に思われるものであった。
来季も恐らくチーム残留だろう。長い目で見て、新潟移籍が成功だったと思ってもらいたい、そんな選手である。
稼働率の低い前野貴徳は、思い切って解雇でも仕方ないだろう。代わりに新加入の渡邊泰基(←前橋育英高)の将来性に期待したい。もし手薄感があるのであれば、宮崎幾笑(金沢:39試合出場5得点)を呼び戻しておけば問題ない。生え抜きは小池裕太(流経大)待ちである。戻ってきてくれ~
 
CB
身体の強さ、キックの正確さなどを見せたソン・ジュフン(26試合出場)が、試合を重ねるごとに安定感を増した。身体を張ったプレーも魅力で、韓国代表にも選ばれた逸材だ。致命的なミスから失点につながってしまった場面も勿論あるものの、基本は安心して見ていられたし、CBはどのチームも人材不足。基本的には残留してほしい選手だ。
富澤清太郎(22試合出場)は、ベテランらしい”利いた”ポジショニングとリーダーシップを発揮し、チームを引っ張った。正直、予想以上にCBとして頑張ってくれたシーズンとなった。来季も恐らく残留だろう。
そして大野和成(13試合出場)。負傷が長引き、満足な活躍は出来なかった。チームの顔として、来シーズンこそフル稼働を期待したい。
基本的にはこの3人を軸に回していくことで、問題ないだろう。即戦力のCBは、なかなか獲得できないのが現状でもあるので。
途中加入の大武峻(9試合出場)は長いシーズンを戦う上で残留だろうか。他チームからのオファーがあるかも知れない。
レンタル組の増田繁人(町田:26試合出場2得点)、西村竜馬(2試合出場、山形:4試合出場)、それに酒井高聖(2試合出場)は、いずれも厳しい状況。試合経験を重ねた増田は、本人が望めば復帰させてもよいだろうが、他の2選手は出場できるチームにレンタル移籍とした方がよさそうだ。
最後に原輝綺(18試合出場1得点)である。今季はボランチ、もしくはSB起用のみだったものの、J2でCB経験を積んでも面白そうだ。いずれにしてもSBでは良さが見せられなかっただけに、ボランチ、もしくはCBとして、大いに飛躍できる来季であってほしい。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/26 ThomasFlext]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
プロフィール
HN:
鳥フィート↓
年齢:
31
HP:
性別:
男性
誕生日:
1986/12/26
自己紹介:
Jリーグの楽しさを共有しましょう!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析