忍者ブログ
主にJリーグについて語るBlogです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
グループE
オランダ-カメルーンはオランダの支配下の試合になるだろう。敗退が決定しているカメルーン側は何のモチベーションもないし、オランダは多少メンバー変えてくるかもしれないが、それはそれでバックアッパーのモチベーションにつながる。
さて日本だが、いける!いってほしい!デンマークはケアーが出場停止なのは不安材料だが、GKのソーレンセンはスーパーGKで、日本が点をとるのは難しそう。
一方攻撃陣では、ベントナー&ロンメダールが怖い存在。カメルーン戦はエトーがサイドにいてくれたし、オランダ戦のカイトやファン・ペルシは生粋のセンターFWタイプではない。ロンメダールは長友が対峙すれば何とかなりそうだが、本格派センターFWのベントナー相手に、中澤、闘莉王がどこまでやれるかは大きなポイント。純粋な高さなら今大会ここまで闘莉王がなかなか勝っているが、果たして・・・
ここ最近の戦いぶりを見せれば、日本は引き分け以上に持ち込むのは充分に可能だろう。あとは、ムダに守りに入りすぎないこと。そして、できれば点をとってほしいところ。
予想:カメルーン-オランダ 0-2オランダ勝利
日本-デンマーク 0-0引き分け
残念ながら、こんなところだろう。ただ、どちらが勝ってもおかしくないし、激しい試合になるだろうことは間違いない。しかし、得点がほしい!

グループF
どのチームにもまだ可能性があり、まだまだわからないところ。
首位のパラグアイだが、ニュージーランドに敗れると敗退の可能性も高いだけに、まずは先制点目指して攻撃的に出てくるのではないか。
前線の3トップは強烈だし、守備力も高い。南米勢の今大会の好調ぶりを見ても、負けることは考えられないものの、ニュージーランドもなかなかしぶとい。2試合とも得点をとっているし、体躯がしっかりしていて、競り合い等になかなか負けない。
そうなってくると、ここまで2分けのイタリア勝ち抜けの可能性は高そう。なかなか点がとれていないが、1点はとれるだろう。スロバキアも勝てば充分勝ち抜けの可能性を秘めているが、果たして・・・?
順当に考えればパラグアイ、イタリアの通過が濃厚だが、注目。
予想:パラグアイ-ニュージーランド 1-1引き分け
パラグアイはまず間違いなく1点はとってくる。しかし、ニュージーランドも1点くらいとれるのではないだろうか。イタリア戦途中出場のウッドも面白い存在だったし。あとは、パラグアイが何点取るか次第。
イタリア-スロバキア 1-0イタリア勝利
大量点とはいかなさそうだが、イタリア勝利はほぼ濃厚か。スロバキアは是が非でも先取点をとりたい。

グループG
ブラジル、ポルトガルの勝ち抜けでほぼ間違いないだろう。ブラジルがまだ突破を確定させていなければポルトガルも苦しくなるが、そうではない。
コートジボワールも確かに可能性はある。でも、数字上の話。北朝鮮戦で得失点差を大いに稼いだポルトガルに得失点差で追いつくのはほぼ不可能だ。前回大会はアルゼンチン、オランダと同組だったし、ついてないな。
北朝鮮だが、何とかチョン・テセにゴールを!
予想:ブラジル-ポルトガル 2-1ブラジル勝利
コートジボワール-北朝鮮 1-1引き分け
北朝鮮のモチベーション次第。敗退も決まり、モチベーションが低下しているようだと、再び大敗もありうる。

グループH
最後に登場する、激戦グループ。チリ、スイス、スペインのうち、1チームが敗退してしまうのが残念である。
チリ-スペインが非常に楽しみな試合となりそうだし、全く予想できない。
スイスはさすがにホンジュラスには勝てるだろうから、チリがスペインに勝ってくれることを願うのみだろう。
予想:スイス-ホンジュラス 2-0スイス勝利
スペイン-チリ 0-1チリ勝利
思い切ってチリ勝利予想。本当に予想は難しい対戦だ。この予想だと、スペイン敗退だぜ!
PR

しかし、大事な最終戦、中継少ないな・・・
グループA
メキシコ-ウルグアイは、勝った方は突破決定、引き分けなら両チーム突破決定となる。従って、ゆったりと「引き分けでもいい」入り方になるのではないか。
内容はどうであれ、フランスに2-0で勝ってきたメキシコ、前評判は高くなかったが、ここまで悪くない結果を残しているウルグアイ、注目の試合である。・・・が、中継ないのか。ウルグアイは3試合連続で地上波中継なしという可哀想な結果に。
南アフリカ-フランスは開催国の使命と前回大会準優勝国のプライドがぶつかる。南アフリカとしてはある程度の点差をつけて勝つことが最低条件であり、攻めに出てくるだろう。
ただフランスの方も、メキシコーウルグアイが1点差ゲームなら3点とらなければならず、アネルカ問題もあって厳しい状況である。予選やグループリーグで苦しむが、決勝トーナメントから力を発揮することの多いフランスだが、今回はさすがに厳しいか。
予想:メキシコ-ウルグアイ 1-1引き分け
堅い試合から、引き分けあたりが妥当か。決着が付くとしてもロースコアで1点差だろう。
フランス-南アフリカ 3-1フランス勝利
両チームある程度の得点+勝利が必要なので、ある程度得点が入りそう。

グループB
アルゼンチンーギリシャはまず間違いなくアルゼンチン勝利だろう。イグアイン、メッシ、テベス、アグエロ、ミリート・・・ 誰が出ても遜色ないし、MF含めてマークを絞りきれず、ギリシャの堅守も耐えられないだろう。
ギリシャにも頑張ってほしいけどね。
となると実質韓国-ナイジェリアの直接対決の勝者が2位通過か。ナイジェリアは勝ち点0ではあるが、1-0勝利でもO.K.なので、まだまだ充分可能性はある。GKのエニェアマがハンパないので、韓国もなかなか得点が奪えなさそう。引き分けもありそうだが、かなり激しい戦いとなるだろう。
予想:アルゼンチン-ギリシャ 2-0アルゼンチン勝利
ナイジェリア-韓国 0-0引き分け
どちらが勝ってもおかしくないとは思うが、ナイジェリアの守備は堅い。一方、得点も奪えていないので、スコアレス予想。 

グループC
スロベニア-イングランドは、普通に考えればイングランド優位・・・なはずだが、ルーニー次第じゃない?アルジェリアも初戦見る限り組織的な守備してたけど、スロベニアも守備は強いチーム。
スロベニアは引き分けでもいいし、アメリカ戦で2得点しているように、決定力もありそう。予想外の好ゲームになるかも?
アメリカ-アルジェリアも分からないな。普通に考えればアメリカ優位・・・なはずだし、1点はとれそうだが、アルジェリアも後先考えずガムシャラにやってくるだろうし。
どこが突破するか正直わからない。イングランドもアメリカも勝てばこの2チームだが、どちらかが引き分けに終われば、スロベニアは突破できるし、アルジェリアも可能性は充分にありそう。
予想:スロベニア-イングランド 1-1引き分け
予想は引き分けだが、イングランドが2-0くらいで勝つ可能性もあるかな。
アメリカ-アルジェリア 2-1アメリカ勝利
やはりアルジェリアはちょっと厳しいかな。アメリカの攻撃が勝りそう。

グループD
ガーナ-ドイツは要注目。ドイツは引き分けだと敗退の可能性もあるだけに、攻勢に出そうだが、クローゼ不在なだけに、どう臨むか。
ガーナは2得点ともPKなので、意外と点の入らない締まったゲームになるかも。
セルビア-オーストラリアは多少セルビア優位か。ただまぁ、セルビアは安定してないからな・・・
結局ガーナとドイツが抜けそうな気がする。
予想:ガーナ-ドイツ 0-1ドイツ勝利
セルビア-オーストラリア 0-1オーストラリア勝利
難しい・・・
なるほど、GKは1人ケガしてもまだ2人いるし、予備登録いらないのか。
DFは槙野は的中。多分岩政と迷ったところだろうな。
予備登録メンバーだから、SBも1人入るのね、徳永。

FWは前田は的中。矢野と迷ったんじゃないかな。得点数だけ考えれば迷わず前田だろ!って言う人もいると思うけど。
もう一人は田中達也。こちらは大久保と迷ったってところかな。
予備登録の2人は2人とも「ケガさえなければ!」てとこだな。
佐藤や興梠は充分な時間が与えられたとは言えないけど、代表では点が取れなかったから仕方ないかな。

MFは小笠原は入ったか~ 香川、石川は的中。タイプ的に、香川か石川のどちらかメンバーに入れときたいところだったけどね・・・

北京五輪に次いで、広島勢は後一歩で落選続きだな。
ところで、「連れて行く」4名は予備登録メンバーとは関係ないかもらしいね。
香川、槙野は連れて行くだろうな。あと若手というと・・・永井謙佑!?

前回大会の茂庭みたいなこともあるし、予備登録メンバーも準備をしっかりしておいてほしいところだ。
GK 川口!超絶サプライズだが、まぁわかるな。どうせ出られるGKは一人だけだろうから、チームとしてやっていく上で、大事だろう。
西川は次回に向けて、頑張ってくれ。

DFは的中!やったね!

MF石川じゃなくて中村憲剛が「やっぱり」だったか。ドリブラータイプは松井、本田、大久保あたりに期待、か。
憲剛には積極的にゴールを狙う姿勢に期待したい。

FWには矢野&大久保!まぁ、上背のあるタイプでは矢野は第一候補だったかな。決してポストタイプでないことは強調する。ただ、「頑張れる」選手であるのは間違いないし。今季Jで無得点であり、批難もありそうだが・・・
大久保も、代表だとゴールが少ないが、選ばれたからには頑張ってほしい。
佐藤はタイプ的に、仕方ないかな。前田はケガに強くなれ!それしか言いようがない。
森本もガンバレ~

よし、コレで決まったことだから、批難は辞めろよ!国民諸君。
それが嫌なら応援しないこと。応援したいなら現実を受け止めよう。

監督も言っているじゃないか。「上から」23人選んだわけじゃないんだから。同タイプの選手は何人も選ばないだろうし、ムードを盛り上げたり、チームの潤滑油的存在となったり、”チーム”を考えた上でのメンバー選考なんだから。

さて、バックアッパー7人の予想。(12日発表)
GK西川周作(広島)
DF槙野智章(広島)
MF石川直宏(FC東京)
  香川真司(C大阪)
  金崎夢生(名古屋)
FW佐藤寿人(広島)
  前田遼一(磐田)

ここに小笠原や小野が入ることはまずない。若手中心になるでしょう。FWは前田じゃなく興梠の可能性もあるかな。

GK 楢崎正剛(名古屋)
   川島永嗣(川崎)
   西川周作(広島)
ここは当確でしょう。他の候補者である都築なんかはケガで出られていないし、川口もケガでJリーグ復帰さえできていないし。
代表経験で言えばサブに不安があるのも確かだが・・・
しかし、前回大会時には楢崎も川島も名古屋にいたんですから、スゴいチームだわ。

DF内田篤人(鹿島)
  田中マルクス闘莉王(名古屋)
  中澤佑二(横浜FM)
  長友佑都(FC東京)
  今野泰幸(FC東京)
  駒野友一(磐田)
  岩政大樹(鹿島)
ここもこの7人でほぼ確定的か。正直、ミスの多い闘莉王、スピードに対処できない中澤、体力面に不安な内田と、不安でならない最終ラインだが、他に経験のある選手がいないので仕方ない。
SBでは徳永、CBでは栗原も候補に挙がるが、彼らが選ばれる可能性はほぼないだろう。
寺田、高木といった、一時期定着しかけたCB陣もいるが、寺田はケガがちだし、高木はSB起用などもあって満足な活躍ができていないので、こちらも可能性はほぼ0。
寧ろ可能性があるとすれば、SBのバックアッパーとして前回大会経験のある加地か。また、岩政でなく槙野が入る可能性は40%くらいあるかもしれない。年齢的なバランスも考えて。

MF中村俊輔(横浜FM)
  遠藤保仁(G大阪)
  長谷部誠(ヴォルフスブルグ)
  本田圭佑(CSKAモスクワ)
  阿部勇樹(浦和)
  松井大輔(グルノーブル)
  稲本潤一(川崎)
  石川直宏(FC東京)
MFの人選は正直難しいところ。ただ、中村&遠藤&長谷部はチームの軸なので当確だろう。遠藤には今までの数ある悔しさ(シドニー五輪は予備登録、前回W杯は唯一フィールドプレーヤーで出場なし、北京五輪OA枠濃厚もケガで実現せず)を存分に晴らしてほしい。
ほか、Jリーグでの活躍を見れば阿部を選ばないわけにはいかないだろう。多分、CB陣に何かあったときには阿部が出場することになるだろうし。阿部はボランチが天職なのは間違いないんだけどね・・・
本田、松井も8割方当確ラインだろう。彼らの個性は欠かせない。
FWとの兼ね合いで、MFが何人になるか微妙だが、残りは稲本と石川と予想した。「ここぞ」という時に思い切りのいいドリブルを仕掛けられる石川は監督も選びそうな気がするし、コンディションが微妙とはいえ、稲本の「ここぞの一発」も捨てがたい。

選ばれる可能性が充分にあるだろう選手としては、まず中村憲剛。FWを5人選ぶんじゃないかという勝手な予想で外してみた。ケガ上がりなのもあるし。ただ、やっぱり選ばれる気も・・・
巷で噂の小笠原満男&小野伸二も捨てがたい。私の予想メンバーだと、司令塔タイプの控えがいなくなってしまうし、岡田監督も彼らを評価していないわけじゃないだろうから。(現に小野はフランス大会で岡田監督が選出しているし。)
橋本や香川にも可能性がある。攻守のバランサーとして橋本をサブに置いておく手は充分考えられるし、香川はJ1でも得点を重ねている。
僅かながら金崎、山瀬にも可能性はあるだろう。
う~ん、DF登録6人、FW登録4人にして、ここに挙げた7選手の中から2人が選出されるかもしれないな・・・

FW岡崎慎司(清水)
  玉田圭司(名古屋)
  森本貴幸(カターニャ)
  佐藤寿人(広島)
  前田遼一(磐田)
岡崎と玉田は確定的。FWの選択肢を増やすという意味で、5人選出を予想した。岡崎、玉田は左MFも兼任で。
なかなか代表では結果が出ないが、佐藤のことはかなり評価しているように思う。森本も多少微妙な状況ではあるのだが、他のFWにはない強さと逞しさが大舞台で生きる気がする。
そして、前田。なかなか怪我が多く、使いづらい選手ではあるが、ポストプレーよし、ドリブルよし、決定力よし、昨年のJリーグ得点王なわけだし、ここで選んでくるのではないかと予想。

平山、矢野はJで得点がとれておらず、選出は厳しいだろう。興梠 、大久保は選出の可能性はあるが、大久保はなかなか代表で点が取れず、興梠も代表では少ないチャンスを生かせていない。なかなか興梠のよさが引き出せないシステムになっていることもあるが。
永井謙佑は2度招集されたが、本大会選出は現実的ではない。巷では田中達也復帰論もあるが、彼が選ばれるならまだ大久保の方が可能性がある気がする。もちろん0%とは思わないが。
ほか、渡邉千真、田代有三をはじめ、ガンバの平井、神戸の都倉などJリーグで点を取っている選手の”サプライズ”もないとは言えない。
2度目の「サプライズ」巻誠一郎は・・・ J2でもノーゴールだし、ないか。前回大会「急にボールが来たので」で物議を醸した柳沢も可能性は0ではないだろう。

さて、どれくらい当たるか。結果は、もう明日わかります。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[07/26 ThomasFlext]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
プロフィール
HN:
鳥フィート↓
年齢:
31
HP:
性別:
男性
誕生日:
1986/12/26
自己紹介:
Jリーグの楽しさを共有しましょう!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析