忍者ブログ
主にJリーグについて語るBlogです。
[111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101]

         新井場       ダニーロ/野沢

       伊野波     中後          マルキーニョス

曽ヶ端                   

       岩政      青木            興

         内田                            本山

連敗は2連敗が一度だけ。ACLもある中、終始安定した戦いを見せ続けた。中田、小笠原、ダニーロと負傷離脱しても控えメンバーがしっかりと穴を埋め、決してレベルを落とさない戦いぶりだった。圧巻の二連覇だ。
五輪代表から漏れた伊野波、興梠が五輪後に主力として定着、欠かせない戦力に成長した。伊野波にとっては、同じ「本職ボランチ」の中田の離脱は嬉しい誤算だったとは思うが、FC東京時代の”半端な選手”イメージは大分無くなった。
両SBはリーグ屈指で、青木、中後の両ボランチもすっかり安定した選手になった。増田や佐々木も含めて、「強さも保ちつつ若手も育てる」上手さはJリーグでも随一。
派手さは無いが、したたかに試合を運び、しっかり勝ちきるスタイルであったり、一貫した4-4-2スタイル、ブラジルスタイルの遂行といった、「伝統を守りつつ、しっかり成長していく」強さも、やはりJリーグ随一だろう。

大きな穴はないが、外国籍選手含めて、どのポジションを補強していくのか。また石神、船山、遠藤といった、ルーキーイヤーより出場機会の減ってしまった若手の更なる成長にも期待したい。

退団:MFマルシーニョ

A代表:内田、興  レンタル移籍中:DF石川(山形)、羽田(C大阪)、FW深井(千葉)

THiS PLAYER!
・内田篤人DF:その攻守に渡る積極性は、鹿島にとっても、そして日本代表にとっても欠かせない。来季は、更に自分でゴールを狙う姿勢を見たい。                     
・新井場徹DF:年齢にも乗じた、落ち着いたプレーが魅力を増してきた。決して無理はしないが、ここぞという場面での突破やシュートは非常に効果的だ。   
・マルキーニョスFW:見事、得点王獲得。それほど多彩なゴールパターンがあるわけではないが、一瞬のスピードとゴール前での落ち着きで何度も鹿島を救った。MVP最右翼か。
 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
プロフィール
HN:
鳥フィート↓
年齢:
31
HP:
性別:
男性
誕生日:
1986/12/26
自己紹介:
Jリーグの楽しさを共有しましょう!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析