忍者ブログ
主にJリーグについて語るBlogです。
[237] [236] [235] [234] [233] [232] [231] [230] [229] [228] [227]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

・上位進出期待チーム
サンフレッチェ広島
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
浦和レッズ
(昨シーズンの順位が上のチームを上に記してあります。)

ここ数年の安定した成績から、広島と横浜FMの上位は有力ではないか。昨シーズン前も高齢化や、選手の流出から低迷が危惧された横浜FM。しかし最後に逆転されて優勝を逃したものの、常に上位に居座り続けた。勿論昨年以上に「誰が点取るの?」感は増したが、俊輔のセットプレー+藤本、矢島、伊藤あたりで何とかするのでは?(藤本、矢島、伊藤って、数年前の清水みたいだが。)
2連覇の広島も、西川の流出は林の獲得で十分補えるし、ゼロックスでは若手も活躍。森保監督がいる間は、低迷はしないだろう。
川崎はレナト、大久保、中村憲剛がいれば攻撃面は問題ない。ACLとの過密日程で彼らが長期離脱等した場合は厳しいかもしれないが・・・
昨シーズン後半の勢いは本物だろう。「継続」されている点もプラス材料。ただ優勝はなさそう。
広島、横浜FMはACLは勝ち抜けないと見ているが、川崎はACLを勝ち進む可能性があるので、気掛かりではある。
浦和は、流石に上位安泰かと。ただ、優勝はないだろうね。失点失点と言われているけど、要はチーム全体のバランスや戦術面に問題があるわけで。ペトロビッチ監督は信念を曲げそうにないし。

・上位~中位予想チーム
鹿島アントラーズ
アルビレックス新潟
FC東京
柏レイソル

大迫の移籍が大きい鹿島だが、セレーゾ政権2年目、戦術理解が進み、チーム力自体はUPしていくと見ている。攻撃陣ではダヴィだけでなく、2列目を司る期待の若手選手たちが、大きく飛躍する年になるのではないか。
新潟の強みは継続力。しかも、しっかりとチーム力がUPする方向への継続性が働いている。ここまで期待できるシーズンは、いまだかつてない。よい補強かどうかは「ネームバリュー」で判断するのではなく「チームに合う選手かどうか」で判断する、それをそろそろ体現してほしいシーズンである。
FC東京は波があるので中位だろう。戦力的にはもう少し上に、と毎年思っているところだが。監督交代がそこまで問題になるチームではなさそう。
柏はレアンドロ、ハン・グギョンの加入が大きく、ACLもないため上位進出も十分可能だろうが、それでも昇格1年目のようには易々と上位進出できないのでは?レアンドロとか、1年間いるのかも分からないしね。

・中位~下位予想チーム
セレッソ大阪
清水エスパルス
サガン鳥栖
ベガルタ仙台
ガンバ大阪

セレッソはだが、フォルランが活躍できるのか、1シーズンしっかりと在籍するのか、個人的には現時点では懐疑的。柿谷や山口あたりのW杯後の移籍の可能性も鑑みて、この地位にした。決して戦力値が劣っているという予想ではない。監督交代も、勿論1つの懸念材料だ。
清水は安定の注意力、鳥栖や仙台も「こんなもん」だろう。
鳥栖はJ1に定着しそうな雰囲気が大分高まってきた。チームの方向性がはっきりしているし、昨シーズン途中のように効果的な補強も迅速にできる。
仙台は長期政権後の新監督も未知数だし、得点力不足だった割には効果的な補強もなかった。中位だろう。
巷の評価が高いガンバだが、私はいきなりの上位進出はないと見ている。今季はJ1での土台作り。実力を如何なく発揮するのは、来季以降ではないか。
中位~下位と予想したこの5チームだが、いずれも上位進出の可能性も十分にあり、降格の可能性は低そうだ。

・残念ながら下位予想チーム
名古屋グランパス
大宮アルディージャ
ヴァンフォーレ甲府
ヴィッセル神戸
徳島ヴォルティス

この5チームで残留を争うのは、ほぼ間違いないのでは?
まず徳島は例年の「当確」1枠になりそう。徳島サポの皆さん、申し訳ありません。でも現実的には・・・ね。
大宮はまた12位~14位で安定。降格はしないでしょうね。補強とか、逆に流出とかそういうの関係ないんじゃない?大宮は大宮らしく、12位~14位に落ち着くんだよ、きっと。
名古屋は長期政権後の1年目、DFラインの層の薄さを考えて、このポジションに。西野氏がしっかり基盤を作り、有望な若手も登用しながらチーム力を上げていく間は、我慢のシーズンになるのでは?それは決してマイナスの時期じゃないんだ。
甲府は前線で奮闘したパトリック、平本、更に柏の移籍が痛い。守備が堅いので大崩れはしないだろうが、じわりじわりと降格ゾーンに落ち着いていきそう。
そして神戸。名前だけ見ればネームバリューのある選手が揃っているが、全体として考えると全く脅威を感じないチームの典型例。外国籍選手総入れ替えも意味不明だし、チームとしての方向性は未だかつて見えたことがない。
どうせ勝てない試合が続いたら、外国籍選手を入れ替えたり、監督を交代したり、またネームバリューだけあるような選手をとってきたり、今までの失態を繰り返すのだろう。
 
下位予想としてしまったサポの皆さん、改めて、申し訳ありません。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
プロフィール
HN:
鳥フィート↓
年齢:
30
HP:
性別:
男性
誕生日:
1986/12/26
自己紹介:
Jリーグの楽しさを共有しましょう!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析