忍者ブログ
主にJリーグについて語るBlogです。
[229] [228] [227] [226] [225] [224] [223] [222] [221] [220] [219]

GK
東口順昭(21試合出場)は例年のようにガンバからオファー。ガンバ側も、長年正GKを務めた
藤ヶ谷陽介を解雇し、「本気」で狙いに来た。しかし、J1で経験を積んだ河田晃兵(甲府)が復帰するようだし、東口をとらなくてもよいでしょ?
東口は、パーフェクトなGKと言っても過言ではない。セットプレーやクロスに対して果敢に前に出て、しっかりクリアをする。東口復帰後、確実にセットプレーからの失点は減った。(勿論、他の要因もあるだろうが。)相手のシュートに対する反応、安定したセービングも相変わらずトップクラス。そして、”守”から”攻”への切り替えの早さ及びフィードの精度、どれをとっても存在が大きすぎる。
出ていくにしても、まずは新潟で、1シーズン通して出場してからでしょ?
  黒河貴矢(13試合出場)は、サブとしては十分すぎるくらいよい選手。リーグ終盤に渡辺泰広にサブの座を譲った真意は不明だが、東口の去就に関わらず新潟に骨を埋めてよいのでは?
 渡辺もベンチ入りを重ね、試合出場も現実味を増してきた。来季は飛躍のシーズンになるかも!?
 基本的には選手の入れ替えなしでよいのではないか。東口が抜けるようなことがあれば、補強が必須だろうが・・・

DF
右SB:内田潤(7試合出場)、村上佑介(3試合出場)の退団が決定。
ルーキーの川口尚紀(22試合出場)に経験を積ませつつ、三門雄大(34試合1得点)で「締めた」1年間だった。
負傷中の坪内秀介(6試合出場)は、今季はどのポジションで起用されても”微妙”で、序盤に起用されていた藤田征也(21試合出場)は、スタメン起用より途中投入の方がいい。
「4人いる」といえばその通りだが、できれば坪内に代えて本職右SBの選手獲得が望ましいところ。叶わなければ来季も三門、川口、藤田の3人で回してもよいか。

 左SB:キム・ジンス(31試合出場)は、欠かせないピースの1つ。一番突破力のある選手だし、キックの精度こそ「まだまだ」なものの、ジンスの突破からフリーキックやコーナーキックを得られることも多い。守備に関しても、粘り強い守備と体を張ったディフェンスが光る。
ワンツーなどで「切れ込んだ」時は、得点の匂いが一番するし、ジンスのニアグラウンダー→川又ワンタッチゴールは、1つのアルビの形になった。
韓国代表にも定着。ワールドカップ出場を果たせば注目を浴び、貴重な左利きの左SBということで移籍も考えられる。ワールドカップを見据えるのであればこのオフでの移籍は、流石にないだろう。
オリンピック代表、フル代表の両方に選ばれていながらも、オリンピックの開催年に移籍し、オリンピック出場を逃した上、フル代表にも選出されなくなったチョ・ヨンチョル(大宮)の例があるじゃん!
控えは確かに手薄。今季ジンスが出られない試合では、坪内もしくは藤田が起用されたが、やはりジンス不在の影響は大きかった。しかし。左SBはどのチームも人材難であり、当面バックアップとして新潟に移籍してきてくれる選手はなかなかいないだろう。
復帰濃厚と言われている大野和成(湘南:32試合3得点)のレンタルバックで凌ぎたい。

CB:大井健太郎(33試合2得点)のまさかの大活躍に、驚かされたシーズンだった。
180cmながら競り合いにも強く、セットプレー時も時折相手ゴールを脅かした。
守備ラインをしっかり統率し、奪った後も簡単にクリアせず、また簡単にバックパスをせず、しっかりと繋いでいった。
昨シーズンは正直、「使えないな~」と思っていたが、手のひらを反して謝ります。ごめんなさい。例年CBが離脱する新潟だが、大井は残留だろう。
パートナーは、こちらも「驚き」の舞行龍ジェームズ(14試合出場)。
まさかの日本国籍取得、まさかのシーズン中のレンタルバック、そしてまさかの即レギュラー。昨シーズンJFLでプレーしていながら、いきなり大久保嘉人(川崎)や前田遼一(磐田)といった百戦錬磨のFW陣と相対し、互角にプレー。特に慣れてきた最終盤は、見ていて安心感があった。
大井同様、簡単にクリアせずにしっかり繋げる部分も魅力だし、前が空いていれば自分でボールを持ち運べる点も魅力。
よくぞ長年のレンタルを経て戻ってきた。そして、試合経験を積むことが何よりも大事なんだなということを、舞行龍から学んだ。
この2人は、今季時点で離脱の心配は低く、となれば補強は不要。
バックアップはレンタル移籍中の大野、増田繁人(群馬:11試合1得点)、菊地直哉(新潟:4試合/鳥栖:15試合出場)、西村竜馬(JSC:12試合3得点)のうち2名程度の復帰でまかないたい。
と言っても現実的には大野と増田。西村はカテゴリーを上げて、J3あたりにレンタル。菊地は残念ながら完全移籍だろう。

今季加入のキム・クナン(19試合2得点)、濱田水輝(6試合出場)は、いずれも退団濃厚だろうか。
クナンの圧倒的制空権はリーグ前半はチームを支えてくれたが、長期離脱。外国籍枠の関係もあり、退団止む無し。
濱田は予想以上に試合に絡めず。試合に出し続ければ、大きく「化ける」可能性もありそうだが、上記レンタル選手の動向次第では、完全移籍で獲得して「育てる」のも手か。
来季加入内定の酒井高聖(出場なし)は、即戦力としては厳しいだろうが、長い目で見てじっりと育成していきたい。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
プロフィール
HN:
鳥フィート↓
年齢:
30
HP:
性別:
男性
誕生日:
1986/12/26
自己紹介:
Jリーグの楽しさを共有しましょう!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析