忍者ブログ
主にJリーグについて語るBlogです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

GK
守田達弥(30試合出場)の不安定プレーの連続は、本当に「残念」の一言。1stステージでの、神戸戦の相馬への”アシスト”や、磐田戦の松井に突っ込んでいってのPK献上を始めとして、状況判断の悪さばかりが目についた。セットプレー時などで、前に出ていきながらも触れないシーンも相変わらず散見。またフィード面での貢献度も高くはなかった。
それでも、現状アルビのGK陣の中では一番マシなのは間違いない。
川浪吾郎(5試合出場)は、守田よりも増しての不安定なプレーの連続。ビッグセーブに見えるプレーは守田より多いが、そもそものポジショニングの問題もある。弾くコースが甘く、弾いた後のボールを押し込まれるシーンも多かったし、ナビ杯最終戦福岡戦での、致命的なミスは目を疑うレベルだった。そしてキック、スローイングともに精度が極めて低く、攻撃の起点としての役割は全く果たせなかった。
昨シーズン末にも全く同様のことを記しているが、守田と競えるレベルの選手の獲得が必須である。J1、J2幅広く見て、守田と競えるレベルの選手は十分いるのではないだろうか。川浪は正直解雇でも止む無しかと。
黒河貴矢は試合に絡めずも、チーム最古参としてチーム残留でもよいだろう。小澤章人はよく分からないものの、解雇でも止む無しだろう。
守田、新加入選手、黒河、この3名でお願いします!渡辺泰広(徳島)は復帰させてもよいと思うが、厳しいかな・・・

右SB
移籍の噂もある松原健(17試合出場)の負傷が長引き、なかなか右SBを固定できないシーズンだった。松原は縦へのフィードと粘り強い守備では特長を見せてくれたものの、オーバーラップから効果的なクロスという場面は少なかったように感じる。勿論残留してほしいものの、移籍してしまっても大きな穴にはならない。1シーズン半、負傷で殆どいなかったわけで。
松原の去就に関わらず、川口尚紀(清水:19試合出場1得点)のレンタルバックは既定路線だろう。本職右SBのいなかった序盤は本当に苦労した。
小泉慶(30試合出場)のSB起用は、やはり緊急時のみにしてほしいし、ボランチでこそ一番輝けるのは昨シーズンや今日の最終節で証明されたと思うので、松原移籍の場合は補強は必須だろう。
松原残留の場合は、松原と川口、緊急時に小泉という体制でよいと思われる。
ユースの長谷川巧は昇格でも良さそうだが、どうなるだろうか。

左SB
開幕戦から昨シーズンはなかったアシストを記録するなど、大いに期待を抱かせた今シーズンのコルテース(27試合出場1得点)だったが、守備面で穴になることも度々で、まさに諸刃の刃。左SBをこなせる選手は多くないだけに貴重なコマではあるが、高年俸の面や外国籍選手枠のことを考えると、今季限りでの退団でも致し方ないだろう。
もう1人の前野貴徳(10試合出場)は怪我も多く、あまり稼働できなかった。前述のとおり左SBをこなせる選手は多くはなく、年齢的にもチームを引っ張っていける存在なので、チームに残留で良いだろう。
というわけで、コルテースの代わりにレギュラーで活躍でき得る左SBを獲得してほしい。これはなかなか難しいこととは思うが。

CB
舞行龍ジェームズ(22試合出場1得点)、大野和成(28試合出場1得点)の2人が揃って出場できれば大きな不安はないが、2選手とも怪我で離脱があり、コンビを組めないタイミングも多かった。
2選手ともここまで来ると来季もチームにいてくれそうなので、この2選手を中心に据えてのチーム構成でよいだろう。
3人目のCBレギュラー候補だったイム・ユファン(1試合出場)が大誤算。2年目の今季も負傷も多く、全くチームへ貢献できないまま退団となった。
そんな中で良くも悪くも、レンタルバック組の増田繁人(14試合出場1得点)、西村竜馬(7試合出場
)が経験を積めたのは収穫。2選手ともミスもあったものの、経験値がモノをいうCBというポジションなので、実りあるシーズンだったと言えるだろう。
増田は、高さは十分に通用するところを見せた。試合経験を重ねていけば、安定感のあるCBになり得る。ナビ杯福岡戦の失点シーンでスライディングしなかった場面など、淡泊な部分の修正と、キック制度の向上を求めたいところだ。西村は、試合に絡んでくるとはあまり思っていなかったが、増田よりも熱さを前面に押し出すプレースタイルは好印象だった。
レンタル組ではソン・ジュフン(水戸:19試合出場1得点)と酒井高聖(福島:5試合出場)がいるが、ソンはそろそろ復帰の頃合いだろう。但し、負傷が多いのはやはりネックなので、その点を考慮して復帰させない(水戸に完全移籍?)場合は、外国籍枠の1枚をCBで使ってもよいか。酒井はレンタル延長でよろしく。
またU-19代表にも選ばれている逸材の原輝綺(←市立船橋)の加入が決定済み。こういった有望な選手をアルビが獲れるのは珍しい。CB、ボランチ、またSBと、守備のユーティリティーということで、この点においてもアルビにとって貴重な存在となりそうだ。
開幕スタメンを勝ち取った早川史哉(3試合出場)だったが、横浜戦で富樫敬真にあっさり入れ替わられて先制ゴールを許すなど、プロの洗礼を浴びるスタートの中での白血病による離脱。来季以降の契約をどう持っていくのか、フロントの手腕が問われるところ。非情と言われるかもしれないが、シビアな判断を下してほしい。
ということで、大野、舞行龍、ソンを軸に、増田、西村の更なる成長を促しつつ、原も絡ませていく流れとなるか。大野、舞行龍が移籍した場合やソンのレンタルバックがない場合は、補強必須だろう。ソンを戻した場合でも、J1J2各チームで燻っているCBをもう1枚確保できるとより安心だが、今季経験を積んだ増田、西村を生かしていくのも手だろう。

PR

GK渡辺泰広(徳島)
今シーズン 0試合
昨シーズン以上に試合出場チャンスは遠のく形で、非常に厳しい。
新潟シンガポールやJSCなどに完全移籍、J3チームにレンタル移籍あたりが妥当なところか。GKは正GKを争えるレベルの選手を獲得してほしいので、このタイミングでのレンタルバックは可能性薄だろう。
新潟復帰可能性:10%

DFソン・ジュフン(水戸)
今シーズン 19試合1得点
順調に試合出場を重ねており、リオ五輪代表にも選ばれていながら、タイミング悪く五輪前に負傷離脱。夏に復帰させる予定だったという噂もあり、CBの選手層が薄く、アジア枠の空いている今は、レンタルバックにもってこいのタイミングか。
負傷ガチなのが懸念材料で、イム・ユファンが殆ど怪我ばかりでアジア枠を無駄にしてしまった今シーズンの反省があるだけに、そこをどう判断するか。
新潟復帰可能性:50%

DF酒井高聖(福島)
今シーズン 5試合
右SBでの出場もあった今シーズン、レギュラーの座は奪えず。増田、西村が1シーズンレギュラーで戦ってレンタルバックに至ったように、このタイミングでのレンタルバックの可能性は低いか。
CBでもSBでもどちらでも構わないが、しっかりとレギュラーに定着してからの、レンタルバックとなるだろう。
レンタル先が変わるかどうかについては、何とも言えないところ。
新潟復帰可能性:10%

DF川口尚紀(清水)
今シーズン 19試合1得点
チームメイトの負傷離脱をきっかけにレギュラーに定着も、自らが負傷離脱して不完全燃焼な結果に止まっている。
五輪を見据えた移籍だっただろうし、復帰は既定路線だろう。
新潟復帰可能性:65%

MFロメロ・フランク(水戸)
今シーズン 29試合2得点
レギュラーとして試合出場を重ねてきたが、ここ数試合は出場なし。入籍も果たすなど、帰化への”フラグ”は立っている。
年内に帰化を果たし、レンタルバックが濃厚ではないだろうか。
アルビでプレーしていないのに、2シーズン以上レンタルも少し考えづらい。一方で、外国籍枠を1つ埋めてまで復帰させることはなさそう。
新潟復帰可能性:50%

MF酒井宣福(岡山)
今シーズン 3試合
正直、レンタル先を間違えたという感じ。但し今シーズン、J1で通用する部分もあったし、レンタルバックするのではないだろうか。
4-2-3-1にするなら、左のOMFで起用するのが一番ハマるのではないだろうか。今シーズン序盤のSB起用は少し可哀想だった。
新潟復帰可能性:40%

FW平松宗(水戸)
今シーズン 15試合4得点
レギュラーを掴み、得点も挙げられているようでよかった。
今のアルビにはいない競り合いに強いタイプのFWだし、アルビが原点を取り戻し”走る”サッカーを志向するのであれば重宝するだろうから、やはりレンタルバックの可能性は高いか。
但しJ2でも得点量産とまでは行っておらず、貴重なA契約のFWの枠を埋めるには、今一歩物足りないのも事実。もう1年J2で揉まれて、より一層の飛躍を果たした後の復帰でもよさそう。
新潟復帰可能性:30%

外国籍選手以外は、全て地元出身ですね。

GK
中村航輔(柏)
櫛引政敏(鹿島)
ここは確定的。
J1でもレギュラーポジションを掴んでいる中村と、今季は出番に恵まれていないものの、ずっとこのチームで正GKを担ってきた櫛引となるだろう。

DF
室谷成(FC東京)
塩谷司(広島:OA)
植田直通(鹿島)
藤春廣輝(G大阪:OA)
松原健(新潟)
中谷進之介(柏)
CBは、岩波拓也(神戸)、奈良竜樹(川崎)と、順当にいけば選ばれているはずの選手が負傷でいない中、OAの塩谷と、このチームでもずっと選ばれており、鹿島でもレギュラーに定着した植田は当確。
問題は3枠めだが、1stステージでJ1のレギュラーに定着した中谷が、逆転選出か。三浦弦太(清水)も可能性を残すほか、岩波の復帰に賭ける可能性もあるだろう。

SBは、オーバーエイジの藤春は確定的。
残りの枠を、室谷、松原、亀川諒史(福岡)、山中亮輔(柏)が争う展開。大学時代から選ばれてきた信頼度を考慮して、「両サイドこなせる枠」として室谷が1人目になりそう。
左SB専門の藤春がオーバーエイジとなることを考えれば、同じく左SB専門の山中は厳しいか。
松原と亀川は非常に僅差の差だが、亀川は福岡では左SBで起用されることが多く、右SB専門の松原が滑り込むと予想。
幾度か代表に呼ばれたファン・ウェルメスケルケン・際(ドルトレヒト)も忘れてはならないだろうが、室谷、松原が負傷から復帰した今、選外だろう。

MF
遠藤航(浦和)
大島僚太(川崎)
矢島慎也(岡山)
中島翔哉(FC東京)
南野拓実(ザルツブルク)
橋本拳人(FC東京)
鎌田大地(鳥栖)
ボランチは、キャプテン遠藤と司令塔大島は確定的。3人目には、最近上り調子で、SBやSHもこなせるユーティリティー性を考慮して、橋本と予想した。
井手口陽介(G大阪)は評価が高く、次点候補か。
ほか、喜田拓也(横浜FM)、小泉慶(新潟)、秋野央樹(柏)といった、リーグ戦で一定の出場機会を得ている選手もおり、”可能性”は残すだろう。
喜田の”ガツガツ感”は、国際舞台で生きてくる気がするし、小泉、秋野も「ユーティリティー枠」で可能性を見出したい。
忘れてはならない原川力(川崎)だが、川崎では満足な出場機会を得られず、最終的には選外か。チームを長く支えてきた功績は間違いなく、やはり可能性は残すだろう。

攻撃的MFは、長らくチームの中心として活躍してきた中島、矢島と、”海外組”の南野は確定だろう。
中島は、FC東京では満足な出場機会を得られていないが、大島、遠藤と並んでこのチームの中心なので、まず間違いない。
問題は、もう1人選ばれるかどうか。ここでは、リーグでの活躍ぶりと、他の選手にない部分を持っている部分が評価されて、鎌田が滑り込むと予想した。
野津田岳人(新潟)、伊東純也(柏)、関根貴大(浦和)も、それぞれ確固とした”武器”を持っており、十二分に可能性があるだろう。
チームで長らく活躍してきた豊川雄太(岡山)も、勿論可能性は残す。

FW
興梠慎三(浦和:OA)
久保裕也(ヤングボーイズ)
浅野拓磨(広島)
ここは、この3人で確定と見てよいだろう。3選手とも、裏に抜け出すことも出来、前線で基点になることも出来、決定力も兼ね備える。申し分ないだろう。
鈴木武蔵(新潟)が次点候補か。
金森健志(福岡)も可能性を残すほか、ブレイクしかけた富樫敬真(横浜FM)も、滑り込みを狙う。
オナイウ阿道(千葉)は、流石に選ばないでしょう。

明日の正式発表、楽しみー!新潟からも、絶対選ばれて欲しい!

   藤春     南野

   植田  遠藤

中村/櫛引      中島/鎌田  興梠/久保

   塩谷  大島

   室谷/松原   矢島

↓《選外予想した選手たちでイレブン組んでみた》

   山中      金森/鈴木

   岩波  喜田/秋野

牲川:鳥栖      野津田  富樫

   奈良  小泉/小林:柏

   亀川      関根/伊東
以下すべて、年間勝ち点での予想です。
(昨シーズンの順位が上のチームを上に記してあります。)

・上位進出期待チーム
サンフレッチェ広島
浦和レッズ
ガンバ大阪
鹿島アントラーズ

石原、高萩が抜けて不安視された昨シーズンの広島だが、的確な補強もあって見事優勝。安定感は今年も変わらないだろう。浅野、野津田をはじめとした若手の押し上げにも期待。
浦和は、今季は地味ながらも守備陣に遠藤、イリッチを補強。上位を争うことは確定的だろう。但し、今季も優勝はできないのではないかな?
初戦勝利でスタートしたACLで勝ち進むようなことがあれば、意外と5位あたりで終えることも起こり得そうだ。
ガンバは昨シーズンまでですら多彩なアタッカー陣を誇っていたが、アデミウソン、藤本の補強でますますパワーアップ。但し、ガンバはACLやナビスコ杯も頑張りそうで、両立には流石に苦しみそう。基本的には「強い」だろうけど。
鹿島は、石井監督になって以降の昨シーズン後半の勢いを持続しそう。金崎の残留が大きく、相変わらず魅力的な若手ひしめくメンバー構成は楽しみ。鈴木優磨が相当ブレイクするのでは、と期待。ACLがないのも、スタートダッシュに向けて利点だろう。
優勝は、広島、もしくは鹿島と見る。

・上位~中位予想チーム
FC東京
川崎フロンターレ
横浜F・マリノス

巷での評価が高いFC東京だが、フィッカデンティ前監督を解任したことにより、好不調の波が大きく結局中位止まりな、元々のFC東京に戻りそう。選手の質で言ったら、昔からずっと高レベルで、今季の選手構成を見て、「今年は行けそうだな!」とはならない。
安定感のある横浜は、アデミウソンが抜けた穴が大きいなどと言われているけど、富樫、仲川等若手が台頭すると見ている。横浜が低迷したのは1、2シーズンのみだしね。
川崎は、勿論魅力的なチームなのは間違いなく、上位進出予想も多くされている。しかし、やはり攻撃力のあるチームと対峙した際のディフェンス面に心配が残る。現役韓国代表GKを獲得したようだが、GKだけで何とかなる問題でもないだろう。
今季は、森本、大塚の「復活」に期待している。

・中位~下位予想チーム
柏レイソル
サガン鳥栖
アルビレックス新潟
ジュビロ磐田

柏は選手がかなり入れ替わり読みづらい部分もあり、新監督の手腕も未知数。伊東純也をいきなりSB起用するあたりは、吉と出るか凶と出るか・・・ 但し、戦力的に見れば降格等はなさそう。
鳥栖は、藤田や水沼の離脱は勿論懸念材料なものの、守備をしっかりと整えてくるフィッカデンティ新監督の下、降格はなさそう。攻撃面では豊田、鎌田、キム・ミヌあたりにかかる負担が大きくなることが予想され、長期離脱等あると怖い。
昇格組の中では一番躍進しうるのは磐田だろう。アダイウトン、ジェイが、J1でどこまで暴れられるか楽しみ。1年燻ったからこそ、闘争心溢れるチームになっているのではないだろうか。
さて新潟だが、上位躍進も、遂に降格も、どちらも可能性のあるシーズンになりそう。10位前後というのが妥当な線だろうか。

・残念ながら下位予想チーム
湘南ベルマーレ
ヴィッセル神戸
ベガルタ仙台
大宮アルディージャ

湘南はやはり、遠藤、永木、秋元の移籍は大きい。確固たるスタイルこそあるものの、昨シーズン以下でのフィニッシュは免れられないだろう。
神戸も定位置の12位前後フィニッシュだろう。チョン・ウヨン、森岡が抜けたのは大きいし、小川やレアンドロがフルシーズン稼働できなければ、かなり厳しい結果も待っているだろう。GKだけ、やたら豪華だけどね。
仙台は目立った補強もなく、ウイルソンやリャン・ヨンギの高齢化もあって、厳しいシーズンになりそうだ。中位以上に躍進するには、若手の台頭が不可欠。
「残留力」の大宮は、今年も絶妙なラインコントロールを見せてくれそうだ。特に攻撃陣だけ見れば、豪華な陣容なのは間違いないけども。

・すみません、降格予想チーム
名古屋グランパス
ヴァンフォーレ甲府
アビスパ福岡

今年初導入の「降格予想チーム」。下位低迷するんじゃ?といったチームが多過ぎて、こんな結果となってしまいました。
ちょっとしたことで、多くのチームが降格の可能性を孕みそうな今シーズンなだけに、この3チームのサポの皆さんも、気を落とさないで頂ければと思います。

さて、福岡。確かに、「史上最強の」3番手昇格チームだし、攻撃面も守備面も、大きな穴はなさそうだけども、やはりどのポジションを見ても、戦力的に厳しそう。昨シーズンも特に昇格候補と目されていたわけではないし、躍進の可能性も勿論ありそうだけど、現実的には良くても16位くらいでは?ダントツ最下位ということは、断じてないだろう。
甲府は、伊東、バレー、阿部拓馬の抜けた攻撃陣が厳しい。速さの伊東、上手さの阿部、キープと決定力のバレーと、見事な棲み分けだっただけに。どれだけ守備が頑張れるか、だが、現実的は厳しいか。外国籍選手は、クリスティアーノ以外はまた早期入れ替えだろうな。
で、名古屋。別に新米監督だって、成功している監督も沢山いるから、小倉を監督にしたからといって低迷するとは思っていない。しかし闘莉王、牟田、本多が相次いで抜けた守備ラインがやはり不安。オーマン、シモビッチの新外国人次第なところもあるが、現状下位予想かと。

ボランチ
レオ・シルバを中心に、小泉慶小林裕紀あたりがパートナーを務めるのは、昨シーズン同様か。
昨シーズンは、レオが相手選手に食らいついていった裏のスペースを使われて失点につながるケースも多かった。今季は新監督の下、そういった課題を克服していってほしい。
体調不良もあって本領発揮できなかったレオだが、それでもチームの中心なのは間違いなく、今季はフル稼働に期待したい。たまにはミドルシュートも決めてほしいね。

小林は、新監督の下でどう”化ける”か。時折見せる鋭い縦パスや正確なサイドチェンジのパスには非凡なものがあるだけに、レオ以上に配給面で目立つくらいの活躍を望みたいところだ。
小泉の良さは何といってもアグレッシブな姿勢。ディフェンス面でもレオ顔負けの激しい守備を見せれば、鹿島戦の得点のように、するすると前線へ上がっていくこともあり、鳥栖戦のような思い切りのいいミドルシュートを決めることもある等、小林とは違った良さがある。U-22代表に初選出された直後に負傷と、ツキがない部分もあるが、五輪本大会出場のためにも、大きく飛躍する年にしたいところだ。

ほか、後方からゲームメーカータイプの加藤大端山豪(←慶應大)、小塚和季(←山口)あたりをボランチ起用する可能性もありそう。但し、端山は軽い守備を見せることが幾らかあったし、攻撃センスは前目でこそ生かせそうだ。

更には早川史哉成岡翔酒井宣福も、ボランチ起用はあり得そう。

オフェンシブハーフ
高い得点力とスプリント力を見せた山本康裕(→磐田)の退団は痛手だが、代役は端山豪に期待したい。特別指定選手であった昨シーズンも、積極的なドリブルや落ち着いたボールコントロールを見せてくれたし、松本山雅戦のミドルシュートは見事であった。
あの武藤嘉紀にも負けず劣らずと言われたり言われなかったりというだけで、勿論期待してしまうし、バリバリの慶應ボーイが、アルビレックス新潟を”最初のチーム”に選んでくれたことを、心から感謝したい。

もう1人は、順当ならば加藤大。殆どファーストステージ終盤からの出場機会であったのに、アシストランク上位に入る等、不遇の一昨シーズンから一転、飛躍のシーズンとなった。
今季は真価が問われる年。自身の得点増も含め、期待は大きい。加藤がいるといないとでは、セットプレー時の期待度が相当違うし。

ほか、唯一他チームからの移籍加入選手、伊藤優汰(←京都)も純粋に楽しみ。J2屈指のドリブラーだったということで、初のJ1の舞台でもガンガン仕掛けていってほしい。
当面はサブから、切り札としての起用の可能性が高いが、チームに希少なタイプなだけに期待が高まる。

酒井宣福、小塚和季の”復帰組”は、一歩一歩アピールしていくことになるだろう。酒井は2列目から前線に飛び出して得点に絡む動きを、小塚はラストパスや自らのシュートでチャンスメイクしていく点を期待している。

それ以外では、成岡翔、小泉慶、宮崎幾笑(←新潟ユース)、FW兼任の田中達也山崎亮平平松宗、川崎のエウシーニョのように、前目で起用しても面白そうなコルテースあたりも務め得ることとなりそうだ。

正直言って、2列目の質はここ何年も不満がある。しかし今季は、楽しみな若手選手は多い。端山、伊藤、小塚、酒井、宮崎、切磋琢磨しながら、ブレイクを果たしていってほしいところだ。

最後に、加入即レンタルのロメロ・フランク(←山形、→水戸)。恐らくは帰化後の復帰になるのだろう。復帰後は即戦力となれるよう、水戸での活躍を期待している。

スタメン
端山豪 レオ・シルバ 小泉慶 加藤大
ベンチ 伊藤優汰 酒井宣福

まとめると

   コルテース/前野     端山/酒井、加藤

   イム/大野   レオ・シルバ      指宿

守田

   舞行龍/イム  小泉/小林      ラファエル・シルバ/山崎

   松原/舞行龍       加藤/伊藤、小泉

SUB 
川浪/黒河 大野 前野/早川 伊藤/小塚 酒井/成岡 山崎 鈴木/田中

期待半分、不安半分・・・




忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/26 ThomasFlext]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
プロフィール
HN:
鳥フィート↓
年齢:
31
HP:
性別:
男性
誕生日:
1986/12/26
自己紹介:
Jリーグの楽しさを共有しましょう!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析