忍者ブログ
主にJリーグについて語るBlogです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

入れ替えはなく、守田達弥黒河貴矢川浪吾郎の3人体制を継続。

当面正GK候補筆頭の守田だが、監督、GKコーチが替わり、守備の仕方等も変化するだろう。
多くは求めないが「セットプレー時に積極的に前に出る(相手よりしっかり先に触る)」ことと、「捕球後に素早く、かつ正確なフィードを行う」こと。この2点を磨いてほしいシーズンだ。
もっと端的に言えば、「判断力」。前に出るべきところと後ろに構えているべきところ。素早くリスタートするべきところとゆっくり落ち着いてリスタートするべきところ。そういった点について、正確に判断できれば、信頼して見ていられるGKとなっていくだろう。

ユース時代の恩師、吉田新監督の下、大抜擢もあり得る川浪、チーム最古参で、まだまだ頑張ってほしい黒河の2人にも、来るべき出場機会に備えて万全の準備をしておいてほしいところだ。

レンタル延長となった渡辺泰広(→徳島)だが、第3GKだった昨シーズンから、監督こそ替わるものの、今日になって杉本大地(←京都)という強力なライバルの加入が発表され、極めて厳しい状況が続く。
PR
「ベスト」な人選はありません。戦術、選手の組み合わせ、その時のコンディション、代表で活躍できるか否か。考慮すべき点は色々ありますからね。
また、あくまで私感ですので、そう思って見て頂ければと思います。

GK
櫛引 政敏(清水)
中村 航輔(福岡)
このままいけば、本大会もこの2人で妥当だろう。
櫛引は、今季途中から出番を失ったとは言え、J1で出場を重ねている数少ない選手。来季はJ2、西部の獲得等もあり、ポジション争いは厳しくなるが、新監督の下でどうなるか。
中村は、福岡でJ1昇格に大きく貢献。柏にレンタルバックした場合は出場機会を失う恐れもあり、もう1年レンタル延長が中村のためにも、福岡のためにもなるはずだ。

DF
・CB
岩波 拓也(神戸)
植田 直通(鹿島)
西野 貴治(G大阪)
神戸でレギュラーの岩波、鹿島で出場機会を得ている植田は確定。
現時点でのもう1人は、FC東京へ移籍した時点で「?」と思ったが、リーグ戦出場0、ベンチ入りすらままならなかった奈良竜樹(FC東京)よりも、ナビ杯決勝や、CSで出場機会を得ている西野かな。
この1枠は、来季の状況によって十分に変わり得る。ほか、中谷進之介(柏)あたりにも「可能性」はある。

・SB
川口 尚紀(新潟)
伊東 幸敏(鹿島)
山中 亮輔(柏)
大学生で五輪代表世代に選出というと、廣井友信(現金沢)、本田拓也(現清水)、山村和也(現鹿島)、比嘉祐介(現横浜FM)のように。結局本大会では選出されなかった選手や、(現時点で)大成しなかった選手が多く、あまり印象がよくない。
大学生で1人だけ選出するほど、室屋成(FC東京)が良い選手とは思わない。
J2で出場を重ねている亀川諒史(福岡)、安在和樹(東京V)と、J1でレギュラーではないものの試合経験を積んでいる川口、伊東、山中との比較になるが、私的にはやはりJ1チームから選びたい。特に山中と亀川のところは、僅差とは思うが・・・
松原健(新潟)は、今年1年間ほぼリハビリに費やした。来季再スタートだろうが、評価が高いようである。来季の出来具合次第では、十分「可能性」はある。

MF
・ボランチ
遠藤 航(湘南)
大島 僚太(川崎)
喜田 拓也(横浜FM)
ここが一番の謎。遠藤、大島は当確。
で、何故あとの2名が原川力(京都)、井手口陽介(G大阪)なのか。
喜田をはじめ、小泉慶(新潟)、秋野央樹(柏)、小林祐介(柏)、橋本拳人(FC東京)と、J1で出場機会を増やしている選手が沢山いるのに。
「ボランチ3枠め」は、上記5名のうち、来季の活躍ぶりを見て選出してほしい。川辺駿(磐田)も、来季の活躍如何では、選出候補としてもよいだろう。丸岡満(ドルトムント)は、未知数だが一度見てみたい選手だ。

・オフェンシブハーフ
関根 貴大(浦和)
南野 拓実(ザルツブルク)
鎌田 大地(鳥栖)
野津田 岳人(広島)
負傷で現在は出られる状態ではない野津田も、オリンピック本大会には間にあうだろう。
ほかの3選手も、順当では?
毎回納得できないのは、浦和で試合に絡めずにレンタルに出されている矢島慎也(岡山)が不動のレギュラーで、浦和でバリバリスタメンの関根が当落線上な事。
で、中島翔哉(FC東京)も現状では「なし」でしょう。奈良同様、FC東京移籍は「?」だったし、現に満足に出場機会を得られていない。
他に今後の可能性を感じさせるのは、前田直輝(松本山雅)、白崎凌兵(清水)、中野嘉大(川崎)だろう。

FW
久保 裕也(ヤングボーイズ)
浅野 拓磨(広島)
伊東 純也(甲府)
久保と浅野は当確。
あと1枠は、オナイウ阿道(千葉)?荒野拓馬(札幌)?ないでしょ。
鈴木武蔵(水戸)も、現状では厳しい。今季J2組で一番「可能性」があるとすれば、せいぜい金森健志(福岡)くらいのもの。
それよりも、J1で実績を積んだ伊東、もしくは現在負傷中の小屋松知哉(名古屋)の方が妥当。

ここに更にオーバーエイジも考えるとすれば、五輪本大会出場というのは狭き門ですね。
まずは本大会出場を!
来季大卒組も含めて、驚くような新戦力台頭にも期待しています。

   山中(亀川)   南野

   植田   遠藤
中村          野津田  久保
   岩波   大島

   川口(松原)   関根

SUB 櫛引 伊東幸 西野 喜田(丸岡) 鎌田 浅野 伊東純(小屋松)

ボランチ
レオ・シルバ(25試合出場4得点)を中心に、小泉慶(21試合出場2得点)、小林裕紀(21試合出場)、更にオフェンシブハーフ兼任で、佐藤優平(10試合出場)、端山豪(8試合出場1得点)、加藤大(20試合出場1得点)、成岡翔(26試合出場1得点)などが務めた。

レオ・シルバは長期離脱もあり、退場も増え、なかなか厳しいシーズンとなったが、それでも優秀選手賞を受賞。
チームとしてのボールの「預けどころ」は、当然相手の「奪いどころ」にもなり、食らいつくしつこいディフエンスは、そこを掻い潜れさえすれば裏のスペースが「狙いどころ」にもなる。
来季は、如何にレオを”上手く使うか”ここに懸かってくるだろう。今まで通り、とりあえずボールを奪ったらレオに預け、レオが相手に食らいつくディフェンスをしにいってもそのカバーがいない状況を続けていけば、今季同様不安定な戦いぶりに終始しそうだ。

小泉は序盤はSB起用も、やはりボランチが適正なのは間違いない。レオ離脱中はその穴を埋め、セカンドステージ序盤の2得点はいずれも記憶に残っている2ゴールだ。
一方で、初めてU-22代表に選ばれた矢先での戦線離脱・・・
原川?井手口?J2選手と、殆どリーグ戦出場機会のない選手が五輪代表に選ばれている状況である。何とか復帰して、五輪本大会には選出されて欲しいところだ。(本大会に出られるかどうかは、まあ置いておこう。)

佐藤はレオの代役としてはボランチとしても良さそうであった。一方でレオとのコンビはあまり良いようには見えなかった。2列目起用がベターだろう。横浜F・マリノスに復帰しても出番はないように思うが、復帰濃厚だろうか。2列目起用された際の、「間で受ける技術」はチーム屈指であった。最後まで尽きないスタミナも魅力。ただ、得点は期待できない。
小林は時折見せるサイドチェンジや縦パスにセンスを感じさせることもあるのだが、横パスやバックパスが多く、見るものをイライラさせてきた。マンマーク戦術を採った今季は、ディフェンス面でのアラも散見された。但し、戦術次第では輝ける選手なのは間違いない。新監督の下で、どのように”化ける”か見てみたい。
成岡は誰と組んでも一番バランスが取れる。またFWからボランチまで、どこでも高水準でこなせることもあり、チームに欠かせない存在。常時スタメンとはなかなかいかないかもしれないものの、サブに成岡がいればそれだけで心強い。

来季は、SB兼任となりそうな早川史哉の獲得が決定。2列目兼任となりそうな小塚和季(山口:33試合出場6得点)の帰還も決定。特に更なる新戦力の獲得は不要と見るが、もし獲得するとすれば、守備面に強いボランチだろう。つい数年前までは、守備的なボランチばかりだっただけに、意外な悩みである。

オフェンシブハーフ
右左問わず、1年通して稼働した山本康裕(33試合出場得点)はレンタルバックが決定。
点の取れる2列目は、非常にありがたい存在だった。ただでさえ一番補強すべきポジションと思っていたが、ますますである。

逆サイドは、加藤大が務めることが多かったものの、FWが本職の平松宗が開幕スタメンを勝ち取った。ほか、佐藤、端山、成岡、それに川口尚紀の起用もあった上、リーグ戦でもデビューを飾り、来季昇格内定の宮崎幾笑(1試合出場)、天皇杯で得点も挙げた斎藤宏太のユース組も、戦力の一端を担った。
加藤は、出場機会を得てからアシストを量産。セットプレーキッカー不在の問題も、加藤が出場機会を得てからはひとまず解決した。「まだまだ」な部分は多いものの、来季はこのポジションの中心選手として期待大だろう。

端山はドリブル、キック、シュート、いずれも一定水準以上のものを見せてくれ、大いに期待できる。慶大からの獲得は非常に珍しく、来てくれたことは非常にありがたい。
ディフェンスにおいて軽いプレーから失点につながったことが何回かあっただけに、ディフェンス面の改善にも期待したいところだ。
宮崎は、珍しいオフェンシブハーフというポジションからのトップ昇格になった。こちらもセンスは随所に感じさせてくれた。ナビスコ杯や天皇杯で、まずは経験値を高めていってほしいところだ。

ここに小塚、さらに酒井宣福(福岡:39試合出場7得点)がどうなるか。
数名の選手獲得の噂があるが、まだまだ補強必須ポジションだ。FWを生かせる選手、山本が担っていた、2列目から得点できる選手、必須だ。

    前野(コルテース?) 新外国人?(端山)

   大野    レオ・シルバ  ラファエル・シルバ
新加入
   イム      小泉        指宿

    松原         加藤

SUB 守田 舞行龍/大井 川口(前野) 端山(小林) 新加入選手 成岡/小塚 山崎

予め述べておきたいことは、「今季のFW陣は能力的には決して低くなかった」ということ。
今季ではドウグラス(徳島で13試合出場0得点⇒広島で33試合出場21得点)、武藤雄樹(仙台で30試合出場4得点⇒浦和で32試合出場13得点)に代表されるように、FWというのはチーム戦術によって活躍具合が大きく変わるのが常である。

今季もアルビは、2列目アタッカーに”チャンスメーカータイプ”が不足し、FW陣にいい形でボールを届けられなかった部分があり、FWではなくMF陣の補強が優先されるべきだろう。
但し、「サイドからのクロスに合わせるタイプ」が慢性的に不足してる感があることと、「次代を担い得る楽しみな若手」が現状いないこと、この部分についての補強はあってもよさそうだ。

指宿洋史(31試合出場8得点)は、前線で基点になる役割をはじめ、チームに欠かせない存在だったのは間違いない。得点ペースも、後期のみ考えれば及第点の出来だろう。
前期はコンディション不良からか、なかなか活躍できなかった部分はあるが、チームに慣れた来季以降はコンスタントな活躍が望まれる。
今季コンスタントに活躍できなかったのは幸いして、来季も残留となるのではないか。
来季こそ2桁得点を達成してほしいし、クロスから得点するパターンをより増やしていければ、代表入りも見えてきそうだ。

ラファエル・シルバ(17試合出場7得点)は、タイプ的に削られやすいので致し方ないが、昨季に続いて怪我に苦しんだシーズンとなった。
前を向いてドリブルを始めた時のワクワク感、簡単には倒れないボディーバランス、弾道の鋭いシュートと、沢山魅力が詰まった選手だ。
新外国籍選手はリスクも伴うので、基本的には来季も残留で構わないだろう。何とか、シーズン通して活躍できれば、2桁後半の得点も狙えるだろう。ラファも、裏抜け以外の得点パターンを増やせるとよい。

山崎亮平(33試合出場5得点)は、チームで一番自ら仕掛けらる、欠かせない存在。もっともっと得点をとれる場面はあっただろうが、ナビ杯準々決勝での先制点をはじめ、チームへの貢献度は高いものがあった。
まだ移籍1年目であるし、来季もチームに残るだろう。山崎の仕掛けを、より生かしていけるシーズンを望みたい。

田中達也(13試合出場1得点)は、少々厳しいシーズンとなった。魅力的なオファーがあれば、移籍も止む無しとも思うが、まだまだ頑張ってほしいところ。

平松宗(13試合出場)はユース出身、地元出身、大卒ルーキーと言うことで期待したが、正直言って戦力にならず。
競り合いにそこそこ強いのは分かったものの、折角いい動き出しをしてボールを受けてもすぐにボールを失ってしまう場面が散見され、サイドにいい形で流れても、シュートをうつわけでも、中に折り返すでもなく、ボールを持ち過ぎて結局奪われる場面等もあった。
レンタルに出して成長を促すのがベストだろう。

ラファエル・ハットンは天皇杯1試合のみの出場、その試合も殆どボールが渡らなかったので未知数止まり。C契約であるし、別に残してもよいだろうが、これまでのC契約外国籍選手の歴史を鑑みれば、今季限りとなるか。

鈴木武蔵(13試合出場1得点、水戸:6試合出場2得点)は、もう1年レンタル延長をして、様子を見たい。



GK
守田達弥(32試合出場)が基本的にはレギュラーを張った。しかし、昨シーズン見せた安定感はまるでなく、チームの失点増の一因と言えるだろう。(失点増は勿論、戦術的な原因もあるだろうが。)
セットプレーの時は、積極的に前に出てボールを触ってほしいし、逆に前に出たのにボールに触れない場面は極力なくしてほしい。ボールを捕球したら素早くカウンターに繋げてほしいし、キックの安定感も磨いてほしい。
GKの安定感は、上位進出への最低条件。J1レギュラークラスの獲得は難しいとしても、年齢的にも若く、守田と競えるレベルのGKの補強が必須だろう。
黒河貴矢(2試合出場)はチーム最古参、「ここぞ」という場面では頼りになる存在だが、正GKの座を脅かす存在ではない。川浪吾郎は上記の”年齢的にも若く、守田と競えるレベルのGK”の候補として獲得したのだろうが、カップ戦も含めて出場なし。完全移籍として獲得しただけに勿体ないが、1年で解雇も止むなしだろう。
レンタル中の渡辺泰広(徳島)は全く試合に絡めず、今季での復帰は少なくともなさそう。2種登録中の阿部航斗の昇格もなさそうだ。
と言うわけで来季は・・・守田、新加入選手、黒河の3人体制あたりが理想。

右SB
昨シーズンのレギュラー松原健が長期離脱でリーグ戦の出場はなし。川口尚紀(29試合出場)が基本的にはレギュラーだったものの、好不調の波があり、終盤は舞行龍ジェームズ(29試合出場)が右SBを務めることが増えた。
ほか、2種登録の長谷川巧が、リーグ戦での出場こそなかったものの天皇杯では一定の活躍を見せてリーグ戦でもベンチ入り。将来楽しみだ。昇格させてもよさそうだが、果たして・・・
来季は五輪もあり、松原、川口の移籍はなさそう。となると、補強は特になく、今季と同じ布陣となる可能性が高いか。
川口は攻撃時の積極性、松原はコンディション的な部分、この要素の不安さえクリアされれば、特段問題ないわけだが。

左SB
開幕前は大きな注目を集めたコルテース(26試合出場)と、終盤コルテースの負傷により出場機会を増やした前野貴徳(14試合出場)のいずれかが左SBを務めた。
オーバーラップはあまり多くないものの、堅実な試合運びをするなら前野の方が安心感はあった。セットプレー含めて、左足のキックの精度はチーム内でもトップクラスだろう。
一方コルテースはガンガン上がっていくので裏をとられることが多く、単純な1対1ならば強いものの、俊敏性に長けたタイプと対峙した際の守備は脆く、諸刃の刃であった。但し、独力で突破も出来、オーバーラップから何度もコーナーキックを獲得出来、またロングスローも1つの武器で、連携面を高めていけば、また戦術次第では、かなり怖い存在になるだろう。
前野は当面残留だろう。問題はコルテース。元セレソンと言うことで、年俸も高いだろうし、外国籍枠の絡みもある。個人的には残留を希望するが、コルテースが退団するようなことがあれば補強が必要となるか。

CB
大井健太郎(27試合出場2得点)、舞行龍ジェームズ大野和成(25試合出場)、イム・ユファン(4試合出場)と、レギュラーを張れ得るメンツが4枚揃っているのは強み。
大井、大野は残留、舞行龍は毎年移籍も噂されるが、何だかんだで残留と見ている。
大井は一時期レギュラーから外れた時もあったものの、途中からレギュラーに復帰。頼れるキャプテンである。
舞行龍はボールを持ち過ぎて怖い時が幾度かあり、大野はPK献上等の「やらかし」が幾度かあるが、それぞれの特長に合わせて、相手のタイプによって使い分けてもよさそうだ。
イムは、負傷ガチであったのが気掛かりだが、フルシーズン戦えるのであればCBの軸になり得る存在で、こちらも残留が基本線か。
新戦力の獲得は特に不要だろう。イム退団であれば、ソン・ジュフン(水戸:8試合出場)のレンタルバックでよいだろう。また、天皇杯で現状圧倒的実力不足を露呈した酒井高聖はレンタルに出すべきだし、恐らくそうなるのではないか。代わりに、ようやくレギュラーとしてフルシーズンを戦うことのできた増田繁人(町田:31試合出場4得点)をレンタルバックか。ナビスコ杯等で徐々にJ1の舞台に慣らしていければよい。西村竜馬(沼津:29試合出場2得点)は、レンタル延長だろう。
と言うわけで来季は・・・イム(もしくはソン)、舞行龍、大井、大野を上手く使い分け、プラス増田の5人体制でどうか。即戦力を獲得するとすれば、舞行龍あたりが移籍した場合か。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
[08/10 鳥]
プロフィール
HN:
鳥フィート↓
年齢:
31
HP:
性別:
男性
誕生日:
1986/12/26
自己紹介:
Jリーグの楽しさを共有しましょう!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析